和菓子好きの駅伝ブログ

陸上競技、特に箱根駅伝を中心にまとめています。

箱根駅伝2022 結果と感想

箱根駅伝の全日程が終わりました。復路も大変面白かったです。選手の皆さんお疲れさまでした。結果はそれぞれかとは思いますが、本当にお疲れ様ということを伝えたいです。4年生はこれで最後の箱根駅伝だと思いますが、この経験は何にも代えられないと思います。3年生以下はまだ来年があるので、また明日から始動するのでしょう。我々ファンはこれからもまた楽しませていただきます。

さて、復路の走りを振り返りたいと思います。

f:id:kaikinman3:20220103165152p:plain

復路も青学強しでしたね。各大学が複数区間区間二桁に沈むなか、全区間区間一桁かつ三つの区間賞でその内二つが区間新となると、終わってみれば圧勝という結果でした。選手層の厚さがなし得る術なのかもしれません。

区間のハイライトです。

6区・・・青学は山下りの経験者ということもあり、早くからピクニックランになるのでは?と言われていました。しかしながら、後ろから追い上げる駒澤、順天堂辺りが定点では上回る走りで徐々に近づいていきます。途中の段階では復路までもつれるのでは?という雰囲気もありました。中位校では中央、創価、東海、法政辺りがぐんぐんと前を追っていきました。一方、東京国際、東洋、早稲田辺りは後ろから迫られる、追いつかれる展開となりました。下位校では駿河台の小泉選手が非常に良い走りをしていました。一時40秒近く詰めた順天堂牧瀬選手、駒澤佃選手でしたが、ラストは青学髙橋選手も維持の走り。駒澤とはわずか10秒詰められるだけに留めました。ここでズルズルいかなかったところがさすがですよね。区間賞は前半からガンガンいった順天堂の牧瀬選手でした。6区終了時点で3位と復路もこれで勢いがつきました。順天堂の後は、ラスト苦しかった帝京、2年連続山下り好走の中央、その後國學院、東京国際、創価、東洋と続きました。明治はここから追い上げムードでしたね。シード権も法政が狙える位置にいたでしょうか。駿河台大学の小泉選手は区間3位の快走。一つ一つの成功体験がチームを強くすると思います。

7区・・・首位を走る青学はここに岸本選手を投入。終始淡々とペースを刻み区間賞の走りで総合優勝を手繰り寄せます。2位以降は面白くなってきます。2位駒澤と3位順天堂は一時順天堂が前に出るもラスト駒澤も意地の走りでほぼ同時でこの2校が繋ぎました。帝京はここでも区間二桁ではありましたが4位をキープ。その後ろは好走の創価、東京国際が続きます。中央、國學院はここで後退。シード権付近には東海、東洋、國學院、法政、早稲田辺りがいました。後方では明治がこの区間でも良い走り。区間2位の走りで追い上げます。

8区・・・この辺りから選手層の差が如実に表れ、一区間でがらっと順位が入れ替わる展開となりました。青学は2位と5分近い差がありますが、攻めの走りを続けます。2位争いでは順天堂津田選手が中盤で抜け出しました。駒澤はこの区間苦しい走りとなり6位まで後退することに。一方中央、創価、東京国際辺りが上がってきました。その後ろは東洋蝦夷森選手が区間4位の走りで帝京、東海と並んで中継所に。國學院はわずかに遅れ10位、早稲田がここで11位に上がってきましたね。後方では日体大が繰り上げスタートとなってしまいました。

9区・・・青学はここでも攻めの姿勢を崩しません。区間記録を大きく上回る走りで往路終了時点で最古の区間記録を40秒以上更新しました。あっぱれです。2位以降がかなり混沌としてきます。順天堂が区間二桁の走りの一方で中央、駒澤、國學院、東洋辺りが区間上位でかなり迫ってきました。一方、創価、帝京は後退することに。東京国際、東海は区間中位のはしりで6位、8位と健闘。シード権争いでは早稲田が遅れてしまい、かなり差がつくことに。一方の法政大学は前を追う走りで11位でタスキを繋ぎます。シード権獲得に望みをつなぎます。後方では、国士舘綱島選手が区間6位と好走。近年出場するも19位や20位だった中14位で粘っています。鶴見中継所では日体大山梨学院大学の2校が繰り上げとなりました。駿河台大学は最後までタスキを繋ぎ切りました。

10区・・・青学は完全なビクトリーロードの中でも攻め続けます。区間新記録ペースでかっ飛ばし、こちらも従来の記録を50秒上回る走りでした。復路新記録、総合新記録のおまけ付きで完全優勝でした。2位以降は最後まで面白かったです。2位を走る順天堂大学区間二桁でしたが、それまでの貯金も使ってそのまま2位でフィニッシュ。往路5位、復路5位と安定した走りでした。3位争いは最後まで分かりませんでした。4位でタスキを受けた駒澤大学、6位の東京国際大学、7位の東洋大学は前を懸命に追います。それぞれ、区間6位、区間3位、区間2位の走りで中央大学を捉え3位駒澤、4位東洋、5位東京国際でフィニッシュ。特に東洋大学は復路2位で10区の清野選手は駒澤まで2秒に迫る走りを見せてくれました。6位に中央、7位に区間5位で追い上げを見せた創価、8位國學院、9位帝京とシードを獲得します。最後の最後に東海大学に追いついた法政が10位で最後のシード権の座に滑り込みました。東海は惜しくもシード権を逃すことに。前評判が高くない中で大健闘でしたし、山は上りも下りも強力でした。来年も学年的にはこの二人が走れるので、また上位に食い込んでくるチームで帰ってきてほしいです。早稲田が13位でシード権を逃すことに。明治は今回も箱根駅伝では悔しい結果の14位となりました。初出場の駿河台大学は笑顔で19位フィニッシュしました。

大学別に振り返りたいと思います。

1位:青山学院大学 10:43:42(大会新)往路1位:5:22:06、復路1位:5:21:36(復路新)

1区:志貴 区間5位 1:01:25

2区:近藤 区間7位 1:07:09

3区:太田 区間2位 1:01:00

4区:飯田 区間3位 1:01:46

5区:若林 区間3位 1:10:46

6区:髙橋 区間8位 0:59:03

7区:岸本 区間1位 1:02:39

8区:佐藤 区間2位 1:04:49

9区:中村 区間1位 1:07:15(区間新)

10区:中倉 区間1位 1:07:50(区間新)

区間二桁ゼロ、安定感抜群の駅伝でした。しかも復路は区間賞3つ。これではほかの大学も追いつけませんよね。1区志貴選手が良い位置に付けたこと、3区太田選手が1年生ながら冷静な走りで首位に上がったこと。この二つが特に光りました。4年生は二人と来年もこのメンバーが8人残ります。青学の新たな黄金時代がやってくるかもしれません。

 

2位:順天堂大学 10:54:33 往路5位:5:26:10、復路5位:5:28:23

1区:平     区間18位 1:03:52

2区:三浦    区間11位 1:07:44

3区:伊豫田   区間3位   1:01:19

4区:石井    区間2位     1:01:31

5区:四釜    区間5位    1:11:44

6区:牧瀬    区間1位     0:58:22

7区:西澤    区間8位     1:04:08

8区:津田    区間1位    1:04:29

9区:野村    区間13位  1:10:39 

10区:近藤  区間14位  1:10:45

出だしはどうなることかと思いましたが、伊豫田選手、石井選手の流れで一気に上位に上がってきました。復路は牧瀬選手の区間賞で勢いづき、2位でゴールすることが出来ました。往路の選手は全員3年生以下ですし、ここのところ強力の新入生が入ってきます。次回以降も強力なチームで戦ってくれると思います。

 

3位:駒澤大学 10:54:57 往路3位:5:25:34、復路9位:5:29:23

1区:唐澤   区間2位  1:01:19

2区:田澤   区間1位   1:06:13

3区:安原   区間16位 1:04:01

4区:花尾   区間9位   1:02:42

5区:金子   区間4位   1:11:19

6位:佃    区間6位   0:58:53

7位:白鳥   区間10位 1:04:12

8位:鈴木   区間18位 1:07:47

9位:山野   区間4位   1:08:47

10位:青柿 区間6位   1:09:44

往路3位で復路は追いかけたいところでしたが、区間二桁の区間もあり3位をキープするにとどまりました。駒澤大学も4年生は1人しか走っていません。強い現2年生世代がさらに強くなって来シーズンも登場してほしいです。

 

4位:東洋大学 10:54:59 往路9位:5:28:34、復路2位:5:26:25

1区:児玉    区間12位 1:02:07

2区:松山    区間5位  1:07:02

3区:佐藤    区間8位  1:02:46

4区:木本    区間18位 1:04:17

5区:宮下    区間8位  1:12:22

6位:九嶋    区間10位   0:59:19

7位:梅崎    区間11位  1:04:13

8位:蝦夷森   区間4位  1:05:04

9位:前田    区間5位  1:08:59

10位:清野  区間2位  1:08:50

酒井監督は往路想定外ということだったので、当然ながらもっと上の順位を狙っていたのでしょう。往路終了時にどこまで追いつけるかと思いましたが、まさか3位に2秒差までに迫りました。6区、7区で流れを作って、8区、9区で少しずつ追い上げ、差が縮まった10区清野選手で一気に4位まで上がりました。8区蝦夷森選手の気迫あふれる走りが9区、10区の選手に響いたのでしょう。4年生は二人しか走っていません。ともに好走した選手ではありますが、3年生以下も選手層が厚くなってきましたし、来季はもっと上の順位を狙えると思います。

 

5位:東京国際大学 10:55:14 往路7位:5:26:55、復路4位:5:28:19

1区:山谷 区間7位 1:01:49

2区:ヴィンセント 区間5位 1:07:02

3区:丹所 区間1位 1:00:55

4区:堀畑 区間12位 1:03:11

5区:倉掛 区間14位 1:13:58

6区:林 区間13位 0:59:33

7区:冨永 区間6位 1:04:06

8区:村松 区間6位 1:05:37

9区:宗像 区間9位 1:09:57

10区:野澤 区間3位 1:09:06

復路は思った以上で3年連続シード権を獲得しました。チーム全体で底上げが出来ている証拠です。7区以降が全て区間一桁と過去最高タイの5位でゴールでした。東京国際大学も4年生は野澤選手一人ですので、来季も強力な山谷選手、ヴィンセント選手、丹所選手を中心に盛り上げてくれるでしょう。今年度は出雲駅伝だけでしたが、来季は全日本大学駅伝箱根駅伝もトップを取りたいです。

 

6位:中央大学 10:55:44 往路6位:5:26:25、復路8位:5:29:19

1区:吉居 区間1位 1:00:39(区間新)

2区:手島 区間15位 1:08:52

3区:三浦 区間7位 1:02:38

4区:中野 区間5位 1:02:17

5区:阿部 区間6位 1:11:58

6区:若林 区間5位 0:58:48

7区:居田 区間18位 1:05:49

8区:中澤 区間3位 1:05:02

9区:湯浅 区間3位 1:08:31

10区:井上 区間17位 1:11:09

久々のシード権獲得おめでとうございます。1区吉居選手の素晴らしい区間新記録で滑り出し、区間順位二桁の区間もありましたが、終始安定した走りでした。特に復路8区、9区の走りが素晴らしかったと思います。メンバーは多く残りますが、今回のチームは4年生が精神的な柱だったと思うので、穴は小さくないと思います。ただ、吉居選手など競技力のある選手もいますので、チーム全体でさらなる高みを目指してほしいと思います。

 

7位:創価大学 10:56:30 往路8位:5:27:44、復路6位:5:28:46

1区:葛西 区間15位 1:02:21

2区:ムルワ 区間2位 1:06:41

3区:桑田 区間17位 1:04:02

4区:嶋津 区間1位 1:01:08

5区:三上 区間12位 1:13:32

6区:濱野 区間9位 0:59:04

7区:新家 区間4位 1:03:42

8区:吉田 区間8位 1:05:46

9区:中武 区間16位 1:10:47

10区:松田 区間5位 1:09:27

3年連続シード獲得ですね。前回の2位には及びませんでしたが、着実に力をつけていると思います。復路は7区新家選手、10区松田選手の走りが大きかったです。

 

8位:國學院大学 10:57:10 往路4位:5:25:49、復路:5:31:21

1区:藤木 区間6位 1:01:26

2区:伊地知 区間12位 1:07:51

3区:山本 区間5位 1:01:59

4区:中西 区間4位 1:01:50

5区:殿地 区間9位 1:12:43

6区:原 区間17位 1:00:02

7区:木付 区間20位 1:06:22

8区:石川 区間7位 1:05:42

9区:平林 区間2位 1:08:07

10区:相澤 区間16位 1:11:08

復路はさらに上位を追っていけると思いましたが、区間二桁が3つあり、後退することになってしまいました。島崎選手も出走ならずということで前田監督の若干の自信ない発言はこういうことだったのでしょうか。ただ、今回もシード権を獲得しました。確実にチーム力が上がっていると思います。平林選手は9区2位と末恐ろしい選手ですよね・・・

 

9位:帝京大学 10:58:06 往路2位:5:24:43、復路17位:5:33:23

1区:小野 区間8位 1:01:51

2区:中村 区間8位 1:07:10

3区:遠藤 区間4位 1:01:39

4区:寺嶌 区間14位 1:03:30

5区:細谷 区間1位 1:10:33

6区:北野 区間16位 0:59:59

7区:福島 区間13位 1:05:03

8区:橋本 区間16位 1:07:21

9区:森田 区間12位 1:10:29

10区:西脇 区間10位 1:10:31

復路は苦しい戦いになるとは思いましたが、何とかシード権内でとどまりました。4年生が多く抜けて、また一からのチーム作りとなると思いますが、「世界一あきらめの悪いチーム」として来季も盛り上げてくれるでしょう。

 

10位:法政大学 10:58:46 往路13位:5:29:36、復路7位:5:29:10

1区:内田 区間9位 1:01:58

2区:鎌田 区間9位 1:07:11

3区:小泉 区間11位 1:03:20

4区:河田 区間8位 1:02:34

5区:細迫 区間16位 1:14:33

6区:武田 区間2位 0:58:40

7区:中園 区間8位 1:04:09

8区:稲毛 区間13位 1:06:20

9区:清家 区間7位 1:09:22

10区:川上 区間11位 1:10:39

最後の最後でシード権に入りました。6区武田選手が区間2位と復路の流れを作りました。ここのところ法政大学の6区は上位に入ってきますよね。8区終了時には後退してしまいましたが、9区清家選手でシードに望みをつなぎ、10区川上選手が最後まで諦めない走りでシード権を掴みました。エース鎌田選手は抜けてしまいますが、若い選手も育っているので、来シーズンも楽しみです。

 

11位:東海大学 10:59:38 往路10位:5:29:14、復路10位:5:30:24

1区:市村 区間3位 1:01:24

2区:松崎 区間17位 1:10:01

3区:神園 区間14位 1:03:46

4区:本間 区間13位 1:03:19

5区:吉田 区間2位 1:10:44

6区:川上 区間6位 0:58:53

7区:越 区間3位 1:03:09

8区:入田 区間9位 1:05:53

9区:竹村 区間8位 1:09:36

10区:吉冨 区間19位 1:12:53

残念ながらシード権獲得ならず、ということになりました。ただ、前評判はもっと低かったと思いますが、市村選手の素晴らしい滑りだし、山二区間のレベルの高い走り、7区越選手の序盤から攻めの走りで区間3位、8区・9区の粘りの走りなどポジティブな要素はたくさんありました。今回走っていないエース石原選手もいますし、来季は予選会からになってはしまいますが、ぜひ本戦出場権を獲得し箱根駅伝に戻ってきてほしいと思います。

 

12位:神奈川大学 11:00:00 往路12位:5:29:26、復路11位:5:30:34

1区:巻田 区間11位 1:01:03

2区:西方 区間13位 1:08:39

3区:宇津野 区間13位 1:03:37

4区:小林政澄 区間10位 1:03:08

5区:山﨑 区間7位 1:11:59

6区:横澤 区間15位 0:59:35

7区:川口 区間12位 1:04:39

8区:大泉 区間10位 1:05:56

9区:小林篤貴 区間9位 1:09:57

10区:有村 区間9位 1:10:27

惜しかったです。各選手区間10位前後で走ることができました。あと一歩だと思うので、前回走った佐々木選手などもいますし来シーズン期待できるのではないでしょうか?

 

13位:早稲田大学 11:00:03 往路11位:5:29:15、復路12位:5:30:48

1区:井川 区間16位 1:02:23

2区:中谷 区間14位 1:08:45

3区:太田 区間6位 1:02:23

4区:石塚 区間6位 1:02:20

5区:伊藤 区間11位 1:13:24

6区:柳本 区間19位 1:00:13

7区:鈴木 区間5位 1:03:48

8区:千明 区間5位 1:05:23

9区:佐藤 区間14位 1:10:42

10区:山口 区間13位 1:10:42

まさかの結果でした。1区、2区の出遅れが全てだったのかもしれません。中々流れに乗れないまま10区間終わってしまったようなイメージです。7区を走った鈴木選手を中心に来シーズンどんなチームとなって戻ってくるか楽しみです。

 

14位:明治大学 11:00:28 往路17位:5:32:20、復路3位5:28:08

1区:手嶋 区間13位 1:02:13

2区:鈴木 区間16位 1:09:11

3区:児玉 区間14位 1:03:39

4区:小澤 区間7位 1:02:23

5区:下條 区間18位 1:14:54

6区:杉本 区間12位 0:59:28

7区:富田 区間2位 1:03:02

8区:櫛田 区間11位 1:06:01

9区:加藤 区間11位 1:10:26

10区:橋本 区間4位 1:09:11

復路3位で一矢報いたところではありますが、前回に続きシード権獲得ならずでした。全員が高いレベルで走るのは間違いないのですが、一度流れが崩れると中々立て直すことが出来ないのが現在の戦国駅伝ならではなのかもしれません。手嶋選手や鈴木選手は卒業しますが、現3年生を中心に次回こそはシード権を獲得したいです。

 

15位:国士館大学 11:03:06 往路14位:5:29:49、復路16位:5:33:17

1区:小榑 区間10位 1:02:03

2区:ヴィンセント 区間2位 1:06:41

3区:荻原 区間18位 1:04:06

4区:三代 区間11位 1:03:09

5区:山本雷我 区間14位 1:13:50

6区:福井 区間13位 0:59:33

7区:清水 区間17位 1:05:31

8区:山本龍神 区間14位 1:06:44

9区:綱島 区間6位 1:09:09

10区:望月 区間18位 1:12:20

素晴らしい結果だったのではないでしょうか?近年は出場が続いていましたが、19位や20位だったので、そこまで落ちることなくこの位置で耐えたように思います。9区では綱島選手が区間6位でしたし、レベルアップしていると思います。

 

16位:中央学院大学 11:07:33 往路18位:5:36:04、復路14位:5:31:29

1区:栗原 区間20位 1:04:47

2区:吉田 区間18位 1:10:13

3区:武川 区間10位 1:03:10

4区:伊藤 区間19位 1:04:37

5区:吉本 区間10位 1:13:17

6区:工藤 区間4位 0:58:47

7区:松井 区間14位 1:05:15

8区:馬場 区間12位 1:06:08

9区:吉田 区間17位 1:10:53

10区:中島 区間8位 1:10:26

往路の出遅れが響いた部分はありましたが、6区工藤選手が区間4位、10区中島選手が区間8位と結果を残しました。厳しい予選会が待っていますが、走れる選手は多いと思いますので、次回はシード権を獲得するところが見たいです。

 

17位:日本体育大学 11:11:11 往路16位:5:32:07、復路19位:5:39:04

1区:髙津 区間19位 1:03:58

2区:藤本 区間10位 1:07:21

3区:大畑 区間9位 1:02:47

4区:分須 区間15位 1:03:31

5区:吉冨 区間15位 1:14:30

6区:盛本 区間20位 1:01:36

7区:漆畑 区間19位 1:06:14

8区:九嶋 区間19位 1:08:49

9区:大内 区間19位 1:11:45

10区:佐藤 区間12位 1:10:40

復路が苦しかったです。10000mの持ちタイムはかなり上がっていたので期待していたのですが、難しかったですね。ただ、エースの藤本選手は来年も残りますので、藤本選手を中心に強いチームで戻ってきてほしいです。

 

18位:山梨学院大学 11:11:21 往路15位:5:31:42、復路20位:5:39:39

1区:木山 区間14位 1:02:14

2区:オニエゴ 区間4位 1:06:49

3区:高田 区間19位 1:04:07

4区:伊東 区間16位 1:03:43

5区:成毛 区間17位 1:14:49

6区:矢島 区間11位 0:59:25

7区:川口 区間16位 1:05:29

8区:橘田 区間20位 1:09:16

9区:石部 区間20位 1:14:44

10区:篠原 区間14位 1:10:45

山梨学院大学も復路が苦しくなりました。まずは予選会突破が目標になると思いますが、また上位に食い込むチームになってほしいです。

 

19位:駿河台大学 11:13:42 往路20位:5:41:11、復路15位:5:32:31

1区:清野 区間17位 1:03:20

2区:ブヌカ 区間19位 1:10:19

3区:町田 区間12位 1:03:35

4区:今井 区間20位 1:06:58

5区:永井 区間20位 1:16:59

6区:小泉 区間3位 0:58:47

7区:新山 区間15位 1:05:26

8区:出仙 区間15位 1:06:56

9区:田尻 区間18位 1:11:11

10区:阪本 区間7位 1:10:11

話題性だけではなかったのではないでしょうか。特に6区小泉選手区間3位、10区阪本選手区間7位と戦えるところを見せました。まだまだ発展途上のチームだと思います。ぜひ今回の経験をチームに持ち帰ってもう一段上のチームになって次回はさらなる高みを目指せる走りに期待したいと思います。

 

20位:専修大学 11:15:09 往路19位:05:38:46、復路18位:5:36:23 

1区:木村 区間4位 1:01:24

2区:高瀬 区間20位 1:11:04

3区:キサイサ 区間20位 1:06:34

4区:水谷 区間17位 1:03:54

5区:野下 区間19位 1:15:50

6区:横山 区間17位 1:00:02 

7区:国増 区間9位 1:04:11

8区:岩間 区間17位 1:07:29

9区:服部 区間15位 1:10:43

10区:中山 区間20位 1:13:58

残念ながら最下位になってはしまいましたが、1区木村選手の区間4位や7区国増選手の区間9位などポジティブな要素もありました。中心選手の引っ張りでぜひ次回は3年連続出場をまずは勝ち取ってほしいです。

 

選手の皆さん、二日間の熱い走りをありがとうございました。とてもワクワクしながら見させていただきました。どの区間も本当にレベルが上がったなと思いました。1区ではあの空前絶後区間記録更新。2区では67分台を出しても区間二桁になっています。9区、10区では青山学院の選手が大幅に区間記録を更新しました。10年以上前の区間記録は無くなり最古の区間記録(唯一の平成区間記録)は8区となりました。選手のレベルは本当に上がっていますね。田澤選手は既に世界陸上の標準記録を超えていますし、「箱根から世界へ」が体現されていますよね。箱根駅伝の人気は年々上がるので注目度も非常に高くなっています。プレッシャーもある中での選手の皆さんのあの走りには頭が上がりません。私も私なりに今年も頑張りたいと思います。

 

箱根駅伝も終わりこれからは更新頻度が著しく低くなると思いますが、何か大会があるときには極力記事をアップしたいと思っています。

 

 

箱根駅伝2022 復路オーダー発表

箱根駅伝復路の日がやってきました。今日で箱根駅伝が終わってしまうなんてと駅伝ファンの中には嘆息する方も多いのではないでしょうか。さて、往路は箱根駅伝がトップで芦ノ湖にやってきました。結果を見ると前評判は関係ないということを改めて思わされます。青山学院が王者奪還なるか?それとも帝京や駒澤が意地を見せるか?また、シード争いはどうなるか?どの大学も一つでも上の順位となるよう、全力の走りに期待したいと思います。

さて、復路のオーダーは以下の通りでした(以下、敬称略)

 

往路1位:青山学院大学赤字は当日変更)

6区:髙橋-7区:岸本-8区:佐藤-9区:中村-10区:中倉

万全のオーダーですね。(あのタスキの名前の並びは本当だった。)ブレーキだけが怖いので、序盤は抑えて後半上げる走りに徹底するのでは?ただ、乗った時の青山学院は止められませんから、前半から記録を狙いにいくかもしれませんね。

 

往路2位:帝京大学赤字は当日変更)

6区:北野-7区:福島-8区:橋本-9区:森田-10区:西脇

6区をうまく乗り切ればというところでしょうか。大学最高順位更新なるか?

 

往路3位:駒澤大学赤字は当日変更)

6区:-7区:白鳥-8区:鈴木-9区:山野-10区:青柿

4人変えてきましたね。この意図は?安定感よりもスピードを重視したということでしょうか?いずれにしても6区からエンジン全開で追いかけてほしいです。

 

往路4位:國學院大学赤字は当日変更)

6区:原-7区:木付-8区:石川-9区:平林-10区:相澤

島崎選手が入れなかったのがどう出るか。ただ、木付選手、平林選手もいますし、往路の流れのままレースを進めたいところ。

 

往路5位:順天堂大学赤字は当日変更)

6区:牧瀬-7区:西澤-8区:津田-9区:野村-10区:近藤

6区牧瀬選手ですか。下りもいけるのでしょうか。西澤選手、野村選手も入りましたし前を追っていきたい。

 

往路6位:中央大学赤字は当日変更)

6区:若林-7区:居田-8区:中澤-9区:湯浅-10区:井上

6区で前を追い、以降は粘りの走りで確実にシード権を確保したいです。

 

往路7位:東京国際大学赤字は当日変更)

6区:林-7区:冨永-8区:村松-9区:宗像-10区:野澤

粘るしかないですね。何とか3年連続シード権を獲得したい。

 

往路8位:創価大学赤字は当日変更予想)

6区:濱野-7区:新家-8区:吉田-9区:中武-10区:松田

6区が強いですから、そこで流れが作れれば上の順位もあると思います。前半が重要です。

 

往路9位:東洋大学赤字は当日変更)

6区:九嶋-7区:梅崎-8区:蝦夷-9区:前田-10区:清野

石田選手は復路も走りませんでした。それでも良いメンバーが組めていると思います。6区で一気に前を追いかけ、冷静にレースを進めたいところ。

 

往路10位:東海大学赤字は当日変更)

6区:川上-7区:-8区:入田-9区:竹村-10区:吉富

6区で一気に前に行き、ラクにレースを進めたいところです。

 

往路11位:早稲田大学赤字は当日変更)

6区:柳本-7区:鈴木-8区:千明-9区:佐藤-10区:山口

6区柳本選手から早々にシード争いから抜け出したいところ。メンバーからするとシード権は固いと思うので、一つでも上の順位でゴールしたいです。

 

往路12位:神奈川大学赤字は当日変更)

6区:横澤-7区:川口-8区:大泉-9区:小林-10区:有村

前半で前に追いつきたいところ。シード獲得のためには攻めの走りが必要

 

往路13位:法政大学(赤字は当日変更)

6区:武田-7区:中園-8区:稲毛-9区:清家-10区:川上

前半で前に追いつき、9区強力ですから、最後までシード獲得に向けて攻めていきたい。

 

総合順位予想

1位:青山学院大学

2位:順天堂大学

3位:駒澤大学

4位:國學院大学

5位:帝京大学

6位:東洋大学

7位:中央大学

8位:早稲田大学

9位:創価大学

10位:法政大学

 

区間賞予想

6区:髙橋(青山学院)

7区:岸本(青山学院)

8区:鈴木(駒澤)

9区:清家(法政)

10区:中倉(青山学院)

 

選手一人ひとりの素晴らしい走りを見て、今年も頑張ろうと思わせてもらおうと思います。

箱根駅伝2022 復路展望

箱根駅伝も往路が終わると、寂しさが出てきますね。また1年頑張ってこのワクワクを味わいたいと思います。復路もあるので、まだまだ楽しめます。

f:id:kaikinman3:20220102144127p:plain

さて、往路は青山学院大学が獲りましたが、復路の展望をしてきたいと思います。往路終了時に以下の通りとなっています。上位を中心に各大学の復路のオーダー予想と目論見をまとめたいと思います。

 

往路1位:青山学院大学赤字は当日変更予想)

6区:髙橋-7区:宮坂-8区:西久保-9区:佐藤-10区:岸本

解説の渡辺康幸さんも仰っていましたが、場合によっては早々にピクニックランになる可能性はありますよね。復路のメンバーでも往路走れそうなくらいの選手層です。安定して走ることのできる選手で並べてくると思います。(このままのメンバーでも良いと思いますが、岸本選手、佐藤選手を使ってくると予想しました。)

 

往路2位:帝京大学赤字は当日変更予想)

6区:北野-7区:西脇-8区:橋本-9区:森田-10区:小林

選手層からすると、中々追い上げはきかないかもしれませんが、駅伝の流れを活かしてリラックスして走ってほしいと思います。駅伝は何が起こるか分かりませんので、たとえ青山学院相手だとしても分かりません。大学最高順位(だと思います。)となる2位は死守したいところ。

 

往路3位:駒澤大学赤字は当日変更予想)

6区:篠原-7区:鈴木-8区:赤星-9区:山野-10区:

6区から前を追うしかありません。少しずつ縮めることが出来るか。中々3分半を超える差を詰めるのは難しいかもしれませんが、前回のこともあるので諦めずに走ってほしいと思います。

 

往路4位:國學院大学赤字は当日変更予想)

6区:島崎-7区:木付-8区:石川-9区:平林-10区:坂本

復路に主力を残しています。大学最高の2位を目指して6区島崎選手から良い流れを作りたいところ。(ただ、本当に順調なら平林選手は往路だと思うんですよね。)

 

往路5位:順天堂大学赤字は当日変更予想)

6区:服部-7区:野村-8区:西澤-9区:牧瀬-10区:近藤

果たして追い上げなるか。7区以降は上級生で安定していると思うので、6区がどのような走りになるかに上位進出はかかっていると思います。シード権は固いと思います。

 

往路6位:中央大学赤字は当日変更予想)

6区:若林-7区:助川-8区:田井野-9区:湯浅-10区:森

前回好走の若林選手からスタートです。ここで良い流れが出来るはずですので、一つでも上の順位を狙いたいところ。シード権獲得となればまた中央の時代が来るかもしれません。

 

往路7位:東京国際大学赤字は当日変更予想)

6区:林-7区:白井-8区:野澤-9区:宗像-10区:三浦

復路は粘って、凌ぐことになりそうです。何とかシード権は確保したいところ。

 

往路8位:創価大学赤字は当日変更予想)

6区:濱野-7区:山森-8区:新家-9区:中武-10区:緒方

復路にも選手が残っているんですよね。6区濱野選手で前にいってシード権確実なところでレースを進めたいところです。8位より上に上がってくる可能性は高いと思います。

 

往路9位:東洋大学赤字は当日変更予想)

6区:九嶋-7区:梅崎-8区:前田-9区:石田-10区:村上

全員が万全なら往路のオーダーも変わったと思うので、何かあったようにも思えますが、厚くなった選手層を武器に復路は一つでも上の順位に入りたいところ。9区石田選手は勇馬選手を継ぐ形で。

 

往路10位:東海大学赤字は当日変更予想)

6区:川上-7区:-8区:入田-9区:長田-10区:竹村

6区には前回経験の川上選手がいます。5区吉田選手の走りの勢いそのままに復路の選手は粘りの走りでシード権を確保したい。

 

往路11位:早稲田大学赤字は当日変更予想)

6区:菖蒲-7区:鈴木-8区:千明-9区:佐藤-10区:山口

6区からガンガンいくしかないと思います。後ろからの追い上げに巻き込まれず前を追っていきたいところ。プレッシャーのかかる後半に上級生を置けているのは強いと思います。

 

順位予想

1位:青山学院大学

2位:國學院大学

3位:順天堂大学

4位:駒澤大学

5位:東洋大学

6位:帝京大学

7位:創価大学

8位:中央大学

9位:東海大学

10位:早稲田大学

箱根駅伝2022 往路結果と感想

箱根駅伝往路が終わりました。もう半分終わってしまいました。青山学院が区間賞はありませんでしたが、堅実に繋ぎ往路優勝。また戦前の予想は全くあてにならないということが今回の結果を受けて分かりますね。明日の復路も目が離せません。シード争いもかなり激しくなるのではないでしょうか?

まずは全体のハイライトです。

1区・・・スタート直後はスローペースかと思いましたが、そんなことはありませんでしたね。中央大学の吉居選手が飛び出し、レースを作りました。1km2分50秒を超えるそのペースに他大学の選手は付いていく選択を取らなかったため、吉居選手の独走と2位集団が出来るという展開となりました。吉居選手はそのまま遅れることなく、あの空前絶後区間記録を更新し、1時間0分39秒と「前人未踏の区間新記録」を達成しました。2位集団も2分50秒少しのペースで進んだため、遅いペースではなかったんですよね。最初に2位集団から離れたのは中央学院大学の栗原選手でした。予選会では日本人トップで走った選手ですが、コンディションが悪かったか。最後の箱根駅伝は苦しい走りとなってしまいましたが、この経験を糧に今後の活躍に期待したいと思います。その後も徐々に選手が離れていき、六郷橋手前にばらけることになりました。六郷橋の上りで東海市村選手、駒澤唐澤選手、青山学院志貴選手辺りが抜け出すことに。その後の振るい落としの結果、駒澤唐澤選手、東海市村選手、専修木村選手が続いて中継所に入っていきました。有力校だと、青山学院が5位、國學院大学が6位、東京国際大学が7位と良い位置に。一方で、創価大学は15位、早稲田大学が16位、順天堂大学が18位と苦しいスタートになりました。

 

2区・・・エースたちの競演です。中盤を前に田澤選手は中央大学を捉えましたね。その後も独走で1時間6分13秒と素晴らしい走りでこの時点では独走態勢を築いたかと思いました。後方からは各大学の留学生が追い上げてきました。創価、山梨学院、東京国際、国士館辺りが順調に前を追いました。特に東京国際大学のヴィンセント選手は前回の自身をどこまで上回るか期待されました。しかしながら思うようにペースは上がりませんでした。(それでも十分早いのですが)留学生を起用した国士館、東京国際、創価、山梨学院がそれぞれ、3位、4位、6位、7位と良い位置でタスキを渡しました。日本人選手でも帝京の中村選手、東洋の松山選手、法政鎌田選手辺りが非常に良い走りで上位につけました。この区間でも後方でタスキ渡しとなった有力校は早稲田大学明治大学順天堂大学でした。

3区・・・思った位置のタスキ渡しとはならなかったであろう東京国際大学でしたが、丹所選手が序盤から飛ばします。そこについたのが青山学院の太田選手。2人で駒澤大学を追いかけます。5位でタスキを受けた帝京大学は4年連続の遠藤選手。帝京がこの時点でこの位置にいたので、往路優勝もあるかと思い始めました。以降はかなり団子状態でしたが、抜け出したのが國學院大学の山本選手でした。前田監督も注目選手と仰っていましたが、見事な走りでした。ここで追い上げ態勢を作ったのが、順天堂大学でした。伊豫田選手の見事な走りで10位まで上がってきました。明治大学はここでも17位と前回大会と同じように苦しい展開となりました。先頭では海岸線に出るところで首位交代。駒澤大学はペースが上がらず苦しい走りとなりました。18km辺りで青山学院の太田選手が飛び出し、首位争いを制し、4区に渡しました。東京国際としてはここでトップに立ちたいところでしたが、及びませんでした。帝京遠藤選手は今回も素晴らしい走りで3位でタスキを渡しました。

4区・・・トップの青山学院はここに主将の飯田選手が登場です。序盤から良いペースでトップを独走しました。その後方では3区で良い流れを作った國學院中西選手が帝京大学を捉え、3位に浮上です。3区で苦しい走りとなった駒澤大学はここで追い上げたいところでしたが、ペースが上がらず後ろからきた創価嶋津選手、順天堂石井選手などと集団を作ります。ここで苦しい走りとなったのは東洋大学。3区終了時点で6位まで上がって追い上げムードが出来ていましたが、後退することに。後方では早稲田大学石塚選手が淡々と追い上げます。明治大学ではこの区間でも14位と中々浮上することが出来ませんでした。区間賞争いとなったのは一緒に走っていた創価嶋津選手と順天堂石井選手でしたが、嶋津選手が振り切り2度目の区間賞を獲得しました。順天堂も区間2位の走りで7位まで上がってきました。

5区・・・青山学院は山の適性を見込まれて1年生の若林選手が登場。独走ということもあり、リラックスして入ることが出来たでしょうか?山に入ってからはさらに勢いをつけてそのままトップで往路優勝を果たしました。4位でタスキを受けた帝京大学には細谷選手がいました。区間賞の走りで2位まで押し上げ大学最高順位で往路を終えました。その後は3位駒澤、4位國學院、5位四釜、6位中央と山で好走したチームを中心に上位に入ってきました。有力校では9位東洋、11位早稲田、17位明治と苦しい展開です。東海大学が苦しんでいましたが、5区の走りで17位から10位まで上げる走りで往路を終えました。1区で飛び出しに成功した中央大学もその後もミスなく繋ぎ見事6位でゴールしました。シード権獲得できるか復路の戦いにも期待が持てます。

 

大学別振り返り

f:id:kaikinman3:20220102144127p:plain

往路優勝は青山学院大学区間賞はありませんでしたが、ミスもありませんでした。ミスしない大学が前に来ると言われた戦国駅伝です。その中で実力通りの走りをしたということでしょう。1区志貴選手の出遅れない走り、3区太田選手の素晴らしい走りが光りました。4区を走った飯田選手以外はまだ3年生以下です。5区若林選手も山の適性を証明しましたので、今後も青学は強いです。

1区:志貴 区間5位 1:01:25

2区:近藤 区間7位 1:07:09

3区:太田 区間2位 1:01:00

4区:飯田 区間3位 1:01:46

5区:若林 区間3位 1:10:46

2位は帝京大学。前哨戦を見る限り苦しいと往路優勝と予想しましたが、さすがの箱根駅伝への調整力です。恐れ入ります。1区、2区がそれぞれ区間8位とここで流れが出来ました。復路も大崩れしないでしょうから5年連続シード獲得はほぼ間違いないでしょう。後はどこまで青山学院大学を追いかけることが出来るか。

1区:小野 区間8位 1:01:51

2区:中村 区間8位 1:07:10

3区:遠藤 区間4位 1:01:39

4区:寺嶌 区間14位 1:03:30

5区:細谷 区間1位 1:10:33

 

3位は駒澤大学。前回に続き往路3位です。1区唐澤選手が素晴らしい出だし。2区田澤選手も区間賞の走りで良い流れが出来ましたが、3区が苦しい走りとなったのが惜しかったか。ただ、5区金子選手も好走で良い位置に付けました。復路にも選手は残っているので、追い上げていきたいですね。

1区:唐澤 区間2位 1:01:19

2区:田澤 区間1位 1:06:13

3区:安原 区間16位 1:04:01

4区:花尾 区間9位 1:02:42

5区:金子 区間4位 1:11:19

4位は國學院大学。一時2位まで上がったので、もしかしたらと思いましたが、及びませんでした。1区藤木選手で素晴らしい出だし。3区山本選手が一気に上位戦線に持っていきました。復路にも平林選手や木付選手が残っているとすれば、さらに上の順位を狙えそうです。大学史上最高の2位も見えてくるのでは?

1区:藤木 区間6位 1:01:26

2区:伊地知 区間12位 1:07:51

3区:山本 区間5位 1:01:59

4区:中西 区間4位 1:01:50

5区:殿地 区間9位 1:12:43

5位は順天堂大学。1区の出遅れがある中でここまで上げてきたのは力がある証拠ですね。特に3区伊豫田選手、4区石井選手の走りが光りました。5区四釜選手も戦前の評判通りしっかりと山を走り終えました。復路も4年生や3年生の野村選手、西澤選手など残っていますのでトップ3に入りたいですね。

1区:平 区間18位 1:03:52

2区:三浦 区間11位 1:07:44

3区:伊豫田 区間3位 1:01:19

4区:石井 区間2位 1:01:31

5区:四釜 区間5位 1:11:44

6位は中央大学。シード権内に入ってくるだろうとは思っていましたが、1区吉居選手で作った流れを切ることなくミスなく5区間繋ぎました。4区中野選手、5区阿部選手下級生が粘りの走りを見せました。吉居選手、区間新記録おめでとうございました。

1区:吉居 区間1位 1:00:39

2区:手島 区間15位 1:08:52

3区:三浦 区間7位 1:02:38

4区:中野 区間5位 1:02:17

5区:阿部 区間6位 1:11:58

7位は東京国際大学。2区で上がり切らなかった分この順位となってしまったか。しかし丹所選手の走りはさすがでしたね。今回のメンバーは全て3年生以下です。次回も往路を賑わすことになるでしょう。

1区:山谷 区間7位 1:01:49

2区:ヴィンセント 区間5位 1:07:02

3区:丹所 区間1位 1:00:55

4区:堀畑 区間12位 1:03:11

5区:倉掛 区間14位 1:13:58

8位は創価大学。1区で出遅れたことで厳しいレース運びとなりました。ただ、その中でも4区嶋津選手の区間賞の走りで4区終了時に5位まで上がったのは力がある証拠です。

1区:葛西 区間15位 1:02:21

2区:ムルワ 区間2位 1:06:41

3区:桑田 区間17位 1:04:02

4区:嶋津 区間1位 1:01:08

5区:三上 区間12位 1:13:32

9位は東洋大学。2区松山選手の2年連続の素晴らしい走りもあり、3区まで良い流れが出来ましたが、4区が苦しい走りとなりました。5区宮下選手で順位を3つ上げ、シード権内ではゴールしました。復路も選手が残っているはずなので、一つずつ拾って目標とした3位以内を目指したいところ。

1区:児玉 区間12位 1:02:07

2区:松山 区間5位 1:07:02

3区:佐藤 区間8位 1:02:46

4区:木本 区間18位 1:04:17

5区:宮下 区間8位 1:12:22

10位は東海大学が入ってきました。1区良い出だしもその後は苦しみました。ただ、5区1年生吉田選手が区間2位の素晴らしい走りで一気に10位まで上がってきました。復路は耐えてなんとかシード権を獲得したいところ。

1区:市村 区間3位 1:01:24

2区:松崎 区間17位 1:10:01

3区:神園 区間14位 1:03:46

4区:本間 区間13位 1:03:19

5区:吉田 区間2位 1:10:44

11位は上位進出と見られていた早稲田大学。1区出遅れがずっと響きました。主力を並べましたが、二桁順位となってしまいました。

1区:井川 区間16位 1:02:23

2区:中谷 区間14位 1:08:45

3区:太田 区間6位 1:02:23

4区:石塚 区間6位 1:02:20

5区:伊藤 区間11位 1:13:24

12位は神奈川大学。こちらも苦しい流れでしたが、5区山﨑選手の走りでここまで上がってきました。

1区:巻田 区間11位 1:01:03

2区:西方 区間13位 1:08:39

3区:宇津野 区間13位 1:03:37

4区:小林 区間10位 1:03:08

5区:山﨑 区間7位 1:11:59

13位は法政大学。1区から良い流れだったのではないでしょうか。4区終了時点で9位でしたが、山で苦戦してしまいました。復路は粘ってシード権を獲得したいところ。2区鎌田選手は坪田監督の現役時代の記録を超えましたね。

1区:内田 区間9位 1:01:58

2区:鎌田 区間9位 1:07:11

3区:小泉 区間11位 1:03:20

4区:河田 区間8位 1:02:34

5区:細迫 区間16位 1:14:33

14位は国士舘大学。2区で3位につけてから順位は下げましたが、粘ったのではないでしょうか?復路も粘りの走りでシード権争いに食い込んでいきたいです。

1区:小榑 区間10位 1:02:03

2区:ヴィンセント 区間2位 1:06:41

3区:荻原 区間18位 1:04:06

4区:三代 区間11位 1:03:09

5区:山本雷我 区間14位 1:13:50

15位は山梨学院大学。こちらも2区で上位につけてから粘っていましたが、前をいく国士館大学とは2分近い差になっています。少しずつ追い上げたいところ。

1区:木山 区間14位 1:02:14

2区:オニエゴ 区間4位 1:06:49

3区:高田 区間19位 1:04:07

4区:伊東 区間16位 1:03:43

5区:成毛 区間17位 1:14:49

16位は日本体育大学。2区藤本選手はあの位置で素晴らしい走りを見せました。チームとしては下位でレースを進めることになり苦しい結果となりました。復路は一つでも上の順位を狙いたい。

1区:髙津 区間19位 1:03:58

2区:藤本 区間10位 1:07:21

3区:大畑 区間9位 1:02:47

4区:分須 区間15位 1:03:31

5区:吉冨 区間15位 1:14:30

17位は明治大学。一番のまさかではないでしょうか。前回に続き苦しい結果となりました。復路は何とか追い上げたいところ。

1区:手嶋 区間13位 1:02:13

2区:鈴木 区間16位 1:09:11

3区:児玉 区間14位 1:03:39

4区:小澤 区間7位 1:02:23

5区:下條 区間18位 1:14:54

18位は中央学院大学。1区で出遅れたのが響きました。前の明治大学と3分以上の差がついていますが、復路は一斉スタートの大学と一緒にタイムを稼ぎたいところ。

1区:栗原 区間20位 1:04:47

2区:吉田 区間18位 1:10:13

3区:武川 区間10位 1:03:10

4区:伊藤 区間19位 1:04:37

5区:吉本 区間10位 1:13:17

19位は専修大学。1区は素晴らしい出だしでしたが、その後は下位でレースを進めることに。

1区:木村 区間4位 1:01:24

2区:高瀬 区間20位 1:11:04

3区:キサイサ 区間20位 1:06:34

4区:水谷 区間17位 1:03:54

5区:野下 区間19位 1:15:50

20位は駿河台大学。最下位となってしまいましたが、初出場です。この頑張りが来季以降に繋がると思います。復路も思い切りのよい走りで目標の15位を狙いたいです。

1区:清野 区間17位 1:03:20

2区:ブヌカ 区間19位 1:10:19

3区:町田 区間12位 1:03:35

4区:今井 区間20位 1:06:58

5区:永井 区間20位 1:16:59

 

一斉スタートは日本体育大学以降の5校ですね。シード権争いはかなり激しくなるのではないでしょうか?

 

やはり駅伝は分かりませんね。圧倒的選手層の青山学院が往路優勝ということで、このまま総合優勝の可能性が非常に高いと思いますが、改めて復路の展望は別でまとめたいと思います。

箱根駅伝2022 往路メンバー発表!!

いよいよ箱根駅伝往路の日になりました。駅伝シーズンのスタートからなんなら前回大会終了から待ちわびた日ですね。泣いても笑ってもどんなに内容ななろうと2日で終わってしまうんですよね。さて、本日8時号法ですが、レーススタート70分前の6時50分に最終のオーダーが発表されました。有力校のオーダーを見てみたいと思います。(敬称略)

 

駒澤大学赤字は当日変更)

1区:唐澤-2区:田澤-3区:安原-4区:花尾-5区:金子

鈴木選手は外れましたね。故障から戻り切らなかったか。往路優勝を狙うために4区終了までは万全のタスキリレーとしたい。

 

創価大学赤字は当日変更)

1区:葛西-2区:ムルワ-3区:桑田-4区:嶋津-5区:三上

葛西選手1区です。万全なオーダーだと思います。スタートから勝負に出て往路優勝を狙っていますね。

 

東洋大学赤字は当日変更)

1区:児玉-2区:松山-3区:佐藤-4区:木本-5区:宮下

前田選手、石田選手が外れています。復路へ温存か?それとも。2区までに流れに乗れないと3区、4区が若干苦しくなるか。5区の区間新に期待です。

 

青山学院大学赤字は当日変更)

1区:志貴-2区:近藤-3区:太田-4区:飯田-5区:若林

岸本選手、佐藤選手ともに外れました。復路で登場するのか?何かあったのか?1年生二人の布陣です。プラスに働くと良いのですが。

 

東海大学赤字は当日変更)

1区:市村-2区:松崎-3区:神園-4区:本間-5区:吉田

1区に市村選手が入りました。序盤から流れに乗り、上位でレースを進めたいところ。

 

早稲田大学赤字は当日変更)

1区:井川-2区:中谷-3区:太田-4区:石塚-5区:伊藤

万全ではないでしょうか?1区からガンガンいって往路優勝を狙ってほしいです。

 

順天堂大学赤字は当日変更)

1区:平-2区:三浦-3区:伊豫田-4区:石井-5区:四釜

1区が上手く流れればかなり強いです。三浦選手2区がどうでるか。山の四釜選手に要注目です。

 

帝京大学赤字は当日変更)

1区:小野-2区:中村-3区:遠藤-4区:寺嶌-5区:細谷

3区遠藤選手の最後の箱根駅伝。どんな走りになるか。

 

國學院大学赤字は当日変更)

1区:藤木-2区:伊地知-3区:山本-4区:中西-5区:殿地

1区は藤木選手でしたね。山も強いですし、往路優勝も狙える布陣ではないでしょうか。

 

東京国際大学赤字は当日変更)

1区:山谷-2区:ヴィンセント-3区:丹所-4区:堀畑-5区:倉掛

予定通り1区~3区が超強力です。4区以降どこまで粘れるか?

 

明治大学赤字は当日変更)

1区:手嶋-2区:鈴木-3区:児玉-4区:小澤-5区:下條

戦力そろっています。こちらも上位でレースを進めるのではないでしょうか?

 

中央大学赤字は当日変更)

1区:吉居-2区:手島-3区:三浦-4区:中野-5区:阿部

1区吉居選手で抜け出し、レースを優位に進めたいところ。5区阿部選手の走りが楽しみです。

 

往路順位予想

1位:創価

2位:順天堂

3位:駒澤

4位:早稲田

5位:東洋

 

区間賞予想

1区:吉居(中央)

2区:ヴィンセント(東京国際)

3区:安原(駒澤)

4区:嶋津(創価

5区:宮下(東洋)

 

本当にスタートが楽しみですね。集中して観戦したいと思います。

 

ニューイヤー駅伝2022 結果と感想

新年最初の日本一決定戦のニューイヤー駅伝が終わりました。風が強く、苦しい中で選手たちの粘りに走りに心躍りました。スポーツの世界ですので、結果は出てしまいますが、今回の結果を受けてまたこれから陸上界を盛り上げていただきたいなと思います。

優勝はHondaでした。序盤は遅れてしまいましたが、3区以降追い上げムードを作りましたね。特に最長区間の4区で伊藤選手が5位まで上げたのが大きかったです。2位は大健闘のSUBARU。前回出られなかった思いも込めて2年分の思いを持った気迫あふれる駅伝でした。3位は旭化成。前半で凸凹駅伝になってしまったのが、最後響きました。次回は王者に返り咲いてほしいと思います。箱根駅伝人気が一段上がってから(要因は色々あると思いますが、私は山の神登場及びSNSの普及が要因の一つだと思っています。)の選手が活躍していますので見ているこちらとしても箱根駅伝(大学駅伝)からの繋がりで応援できるようになってきたので、この流れは良いことだなと思います。青学の原監督も常々仰っていますが、以前野球やサッカーに魅力を感じていた子たちが少しでも陸上界に興味を持ってもらえるように、何ができるかというのがこれからの陸上界のためにとても重要だと思っております。(私が何かできるわけではありませんが、ファンとしてこうやって盛り上げたいとは思います。)また、2年に1回くらい実業団も箱根駅伝のコースで駅伝をしたら面白いだろうなと感じました。

さて、結果(入賞チーム)を振り返っていきます。

 

1位:Honda

1区:川瀬 区間13位/総合13位

2区:カベサ 区間24位/総合23位

3区:小山 区間8位/総合14位

4区:伊藤 区間5位/総合5位

5区:青木 区間2位/総合3位

6区:中山 区間1位/総合1位

7区:土方 区間1位/総合1位

前半は出遅れてしまいましたが、3区以降追い上げムードを作りました。4区~6区で一気に先頭まで持って行きました。さすが若い選手に力がありますね。今後、Hondaの黄金時代が来るかもしれません。5区青木選手が前回に続いて5区で良い走りをしました。この区間で上に行けたことで優勝戦線に戻っていきました。7区は一時5秒差まで詰められますが、土方選手は冷静でしたね。淡々と走り栄光のゴールテープを切りました。初優勝おめでとうございます。(2年連続國學院大学のOBがゴールテープを切りましたね。)

 

2位:SUBARU

1区:鈴木 区間10位/総合10位

2区:キプランガット 区間1位/総合1位

3区:梶谷 区間16位/総合6位

4区:清水 区間8位/総合3位

5区:照井 区間3位/総合2位

6区:小山 区間2位/総合2位

7区:口町 区間3位/総合2位

こちらも素晴らしい結果でした。前年は予選会で棄権となりニューイヤー駅伝に出られませんでしたが、2年分の思いを持って今回は臨んだのでしょう。1区が良い位置につけ2区のキプランガット選手で一気に1位に上がり最高の流れが出来上がりました。3区で若干後退しましたが、4区以降は全て区間一桁で見事2位でゴールしました。7区はもしかしたら、というシーンもありましたが、最後は少し及ばず。来年のニューイヤー駅伝ではぜひ優勝を味わってほしいです。

 

3位:旭化成

1区:茂木 区間4位/総合4位

2区:モゲニ 区間15位/総合10位

3区:相澤 区間1位/総合2位

4区:市田 区間17位/総合8位

5区:小野 区間1位/総合5位

6区:鎧坂 区間3位/総合4位

7区:大六野 区間4位/総合3位

王者返り咲きを狙いましたが、届かず。3区相澤選手の区間新記録で2位まで上がりましたが、4区が苦しい走りとなってしまいました。ただ5区以降もレベルの高い走りで2年連続3位でゴールしました。次回は万全の状態でタスキを繋いで王者に返り咲いてほしいです。それにしても相澤選手はまた一つ区間新記録を樹立しましたね。高いレベルを見据えてる姿は本当に格好良いです。

 

4位:三菱重工

1区:的野 区間9位/総合9位

2区:カンディエ 区間7位/総合5位

3区:林田 区間3位/総合1位

4区:井上 区間3位/総合1位

5区:山下 区間4位/総合1位

6区:吉岡 区間14位/総合3位

7区:定方 区間5位/総合4位

1区が流れが良かったです。3区林田選手の区間3位の走りが非常に大きかったです。トップで井上選手に渡せたらそれは強いですよね。単独走でもあれだけ走れる井上選手はさすが力があります。終盤区間で及びませんでしたが、もう上位の常連チームになっていますね。マラソン部ということで今後も井上選手や定方選手を中心にマラソン界を盛り上げてほしいと思います。

 

5位:トヨタ自動車

1区:田中 区間8位/総合8位

2区:堀尾 区間25位/総合22位

3区:太田 区間2位/総合7位

4区:西山雄介 区間6位/総合4位

5区:服部 区間14位/総合6位

6区:西山和弥 区間9位/総合6位

7区:大石 区間6位/総合5位

2区に外国人ランナーが起用できないチーム事情ながら、堀尾選手が粘りましたね。3区太田選手、4区西山雄介選手で一気に上に上がることが出来ました。オリンピック明けの服部選手は本調子ではなかったようですが、他のメンバーでカバーし見事5位に入りました。強い選手が揃っていますので、来年は優勝を期待しております。

 

6位:黒崎播磨

1区:小田部 区間28位/総合28位

2区:ムアウラ 区間15位/総合25位

3区:田村 区間4位/総合10位

4区:細谷 区間1位/総合2位

5区:土井 区間4位/総合4位

6区:長倉 区間23位/総合5位

7区:中村 区間18位/総合6位

3区~5区の走りが素晴らしかったです。田村選手は九州予選の勢いそのままにここでも素晴らしい走りでした。また4区細谷選手がひと月前の福岡国際マラソンの疲れを感じさせない素晴らしい走りでした。今後、鈴木健吾選手などとマラソン界の中心になっていきそうです。

 

7位:SGホールディングスグループ

1区:湯澤 区間25位/総合25位

2区:キベット 区間13位/総合19位

3区:鈴木 区間9位/総合15位

4区:佐藤 区間12位/総合15位

5区:川端 区間7位/総合11位

6区:千葉 区間12位/総合11位

7区:三上 区間2位/総合7位

見事8位入賞でした。佐藤選手が前回ほどの結果ではなかったものの総合力で勝ち取った入賞でしょう。特にアンカー三上選手は一度遅れたところで日立物流の選手に付いてよみがえりました。素晴らしい粘りで区間2位となり見事入賞を勝ち取りました。強い選手が揃っていますので、今後はさらに上位を狙っていけると思いますし、上位常連になってくるのではないでしょうか?

 

8位:トヨタ自動車九州

1区:大津 区間16位/総合16位

2区:ムリツ 区間31位/総合26位

3区:右田 区間13位/総合20位

4区:藤曲 区間3位/総合11位

5区:今井正人 区間8位/総合10位

6区:今井篤弥 区間9位/総合7位

7区:大城 区間11位/総合8位

4区藤曲選手の素晴らしい走りで流れが出来ました。以降も区間10位前後をキープし、見事8位入賞でした。5区今井正人選手の活躍には本当に勇気づけられます。今後の活躍にも期待しております。

 

区間

1区:舟津(九電工

素晴らしいラストスパートでした。終盤まで集団にいて、最後に切れ味抜群のラストで魅せてくれました。チームとしては今回は苦しい走りとなってしまいましたが、ぜひチームを引っ張り来年も素晴らしい走りを見せてほしいです。

2区:キプランガット(SUBARU

高速区間で素晴らしい走りでした。SUBARUは今後も良い位置をキープできると思います。

3区:相澤(旭化成

また一つ区間記録を樹立しました。10kmの通過が26分台というタイムも涼しく振り返るところがさらなる高みに向かっていることを感じさせられます。今後の走りも期待しております。

4区:細谷(黒崎播磨

長い距離に本当に強いです。福岡国際マラソンからたったひと月でタフなこのコースを区間新で走るところ実力は本物ですね。

5区:小野(旭化成

本人は止まりそうだったと仰っていましたが、向かい風をものともしない素晴らしい走りでした。ニューイヤー駅伝の走りは本当に安定しています。

6区:中山(Honda)

前回の悔しさを晴らす素晴らしい走りでしたね。中山選手の走りで優勝を手繰り寄せました。高校時代からの成長は目を見張るものがあります。今後の活躍にも期待です。

7区:土方(Honda)

一時詰められたものの終わってみれば区間2位に45秒差をつける圧勝の区間賞でした。やはり実力ありますね。マラソンでも既に結果を残していますし、今後のマラソン界を引っ張る選手の一人ですね。

 

駅伝ファンとして、元日から選手の素晴らしい走りを見ることができて感謝の気持ちでいっぱいです。世界を見据える選手も多くいると思うので、今年の世界陸上など大きな舞台での活躍を期待してしまいます。トラック、マラソンともに日本陸上界のレベルが上がっていることは確かだと思います。Hondaの伊藤選手が仰っていたように、世界で戦うためには日本ではダントツで勝たないといけないという思いで皆さんが切磋琢磨する姿を見たいと思います。これからの皆さんの活躍期待しております。

 

いよいよ明日は箱根駅伝です。楽しみすぎますね。

箱根駅伝2022 有力校のキー区間

今年も残すところ今日1日になりました。引き続きTVなどではコロナウイルスのニュースが続いていますが、昨年末に比べると経済も再開している感じがしますね。そうはいっても、医療に従事される方などは引き続き厳しい状況にあるとも考えられますので、箱根駅伝の応援したいから応援にいかないを念頭に新春の駅伝を楽しみたいと思います。

さて、今回は有力校の区間エントリーを参考にキーとなる区間を整理してみたいと思います。

駒澤大学

連覇がかかりますね。暫定の区間エントリーは以下の通りでした。(敬称略)

唐沢-田澤-佐藤-大坪-金子

篠原-新矢-赤星-山野-東山

当日変更は3区鈴木、4区花尾、7区安原、10区佃と予想しています。

キー区間は山の二区間ですね。おそらく上りも下りも自信があると思います。ただ、このままであればともに初出走ということで未知数な部分もあります。仮に5区に鈴木選手を起用できるのであればある程度計算できますよね。もしかしたら、そうなれば他の配置も考えやすいのかもしれません。

 

創価大学

前回総合2位でした。暫定の区間エントリーは以下の通りでした。(敬称略)

溝口-ムルワ-小暮-嶋津-三上

濱野-山森-石井-中武-本田

当日変更は1区葛西、3区緒方、8区新家、10区桑田と予想しています。

キー区間は1区ですね。前回も1区の流れが非常に良かったです。2区以降は前回並の選手が並んでいると思うので、前回並の成績を残すためには1区の滑り出しが非常に重要になります。

 

東洋大学

前回3位も前哨戦はデコボコとしてしまった東洋大学です。課題ははっきりしていますね。暫定の区間エントリーは以下の通りでした。(敬称略)

児玉-松山-大沼-木本-宮下

九嶋-梅崎-蝦夷森-柏-吉田

当日変更は3区石田、4区前田、8区佐藤、10区村上と予想しています。

キーとなるのはやはり松山選手、宮下選手の復調ですね。この二人が実力通り走ったとするとチームの一つの目標である往路優勝の確率はかなり上がるのではと思います。復路も選手が厚くなっているので往路優勝の流れができればひょっとすると総合優勝もあるかもしれません。

 

青山学院大学

前哨戦ともに2位も強大な選手層を誇ります。暫定の区間エントリーは以下の通りとなっております。(敬称略)

湯原-近藤-太田-関口-若林

髙橋-宮坂-西久保-中村-中倉

当日変更は1区佐藤、3区岸本、4区飯田、9区横田と予想しています。ただ全く分かりませんね。1年生が抜群に調子良いかもしれませんし。

キー区間は1区と5区でしょうか。1区での出遅れ、5区の失速は他大学もそうですが青山学院にとっては盤石のレースを展開するためにも必須と思います。逆にここで苦戦すると全体的に思い描いた流れにはならないかもしれません。

 

早稲田大学

全ての足並みが揃えば総合優勝が狙えると私は思っています。暫定の区間エントリーは以下の通りでした。(敬称略)

北村-河合-太田-石塚-伊藤

柳本-安田-千明-佐藤-室伏

当日変更は1区中谷、2区鈴木、6区菖蒲、7区井川、10区山口と予想しています。ちょっとおやっというオーダーでしたね。何かあったのではないかと思ってしまいます。

一番のキー区間は5区でしょうか。ここ3年は苦戦していますから、ここを区間上位で乗り切れれば復路も選手が残っているので戦えますよね。ただ、前述の通りオーダーが気になるところではあります。

 

東京国際大学

出雲駅伝初出場初優勝で今季の駅伝シーズンを盛り上げていますね。暫定の区間エントリーは以下の通りでした。(敬称略)

山谷-ヴィンセント-生田-堀畑-倉掛

林-白井-村松-宗像-三浦

当日変更は3区丹所、8区野澤と予想しています。

キー区間は4区以降の粘りでしょうか。3区まで万全ならほぼ間違いなく3区終了時でトップにいるでしょうからその貯金をうまく使いたいところです。

 

順天堂大学

全日本大学駅伝3位の勢いで優勝候補に挙げられています。暫定の区間エントリーは以下の通りでした。(敬称略)

平-藤原-伊豫田-石井-神谷

服部-海老澤-津田-荒木-近藤

当日変更は1区三浦、2区野村、5区四釜、7区牧瀬、8区西澤、9区吉岡と予想しています。6人替えはどうかな?と思うので、何かあったかなという気がします。

キー区間は敢えて言うと2区でしょうか。全日本のように序盤で前方に付けて良い流れでレースを進めたいですからね。そういう意味でも2区三浦選手も十分考えられますね。

 

國學院大学

今期も勢いのある國學院大学ですね。暫定の区間エントリーは以下の通りでした。(敬称略)

鶴-伊地知-沼井-中西-殿地

原-松延-石川-瀬尾-坂本

当日変更は1区藤木、3区木付、6区島崎、7区山本、9区平林と予想しています。國學院もちょっと何かありそうな気もします。平林選手は復路っぽくないので木付選手が復路に回るということもあるかもしれませんね。

キー区間は藤木選手の区間でしょうか。どこを走るにしてもポイントとなる区間だと思います。目標の総合優勝のためには藤木選手の走りが肝心です。

 

箱根駅伝まであと2日です。駅伝ファンはワクワクが最高潮に達しますね。あと数日思い思いに楽しめたらと思います。