和菓子好きの駅伝ブログ

陸上競技、特に箱根駅伝を中心にまとめています。

箱根駅伝

箱根駅伝2022 結果と感想

箱根駅伝の全日程が終わりました。復路も大変面白かったです。選手の皆さんお疲れさまでした。結果はそれぞれかとは思いますが、本当にお疲れ様ということを伝えたいです。4年生はこれで最後の箱根駅伝だと思いますが、この経験は何にも代えられないと思いま…

箱根駅伝2022 復路オーダー発表

箱根駅伝復路の日がやってきました。今日で箱根駅伝が終わってしまうなんてと駅伝ファンの中には嘆息する方も多いのではないでしょうか。さて、往路は箱根駅伝がトップで芦ノ湖にやってきました。結果を見ると前評判は関係ないということを改めて思わされま…

箱根駅伝2022 復路展望

箱根駅伝も往路が終わると、寂しさが出てきますね。また1年頑張ってこのワクワクを味わいたいと思います。復路もあるので、まだまだ楽しめます。 さて、往路は青山学院大学が獲りましたが、復路の展望をしてきたいと思います。往路終了時に以下の通りとなっ…

箱根駅伝2022 往路結果と感想

箱根駅伝往路が終わりました。もう半分終わってしまいました。青山学院が区間賞はありませんでしたが、堅実に繋ぎ往路優勝。また戦前の予想は全くあてにならないということが今回の結果を受けて分かりますね。明日の復路も目が離せません。シード争いもかな…

箱根駅伝2022 往路メンバー発表!!

いよいよ箱根駅伝往路の日になりました。駅伝シーズンのスタートからなんなら前回大会終了から待ちわびた日ですね。泣いても笑ってもどんなに内容ななろうと2日で終わってしまうんですよね。さて、本日8時号法ですが、レーススタート70分前の6時50分に最終の…

箱根駅伝2022 有力校のキー区間

今年も残すところ今日1日になりました。引き続きTVなどではコロナウイルスのニュースが続いていますが、昨年末に比べると経済も再開している感じがしますね。そうはいっても、医療に従事される方などは引き続き厳しい状況にあるとも考えられますので、箱根駅…

箱根駅伝2022 展開と順位予想

昨日区間エントリーが発表されました。当日の交代枠は最大で6人で往路・復路それぞれ最大4名交代可能ということで、有力校は4名くらいは交代するようなイメージでエントリーしている印象でした。1区は様子見で来た大学も多かったですね。ハイペースであれば…

箱根駅伝2022 区間エントリー発表!!(暫定)

待ちに待った区間エントリー(暫定)が発表されました。チーム状況を知らない駅伝ファンの事前予想は今回もほとんど当たりませんでした。また、今回も交代枠が6人ということで、当日変更についても見当がつかない大学がありましたね。さて優勝候補、上位進出…

箱根駅伝2022 東海大学区間配置予想

いよいよ箱根駅伝まで1週間となりました。例年そうですが、チームエントリーから区間エントリーまでの3週間弱が非常に長く感じます。暫定の区間エントリーまでは残り3日となりましたね。ここでチーム状況も見えると思いますし、各校は他校のオーダーや天候も…

箱根駅伝2022 明治大学区間配置予想

箱根駅伝のスタートまで残り10日となりました。本当にいよいよという感じです。この週末は全国高校駅伝が開催されることになっていますが、寒波襲来で京都も雪予報が出ているようでいつかのような雪の中での駅伝の可能性もありますね。本当はベストなコンデ…

箱根駅伝2022 帝京大学区間配置予想

箱根駅伝の区間エントリー(暫定)も近づいてきましたね。報知新聞の各校の記事も半分以上出てきている印象です。基本的にこの時期はどの大学も多くは語らないので、どの大学も仕上がりが良さそうな印象を受けます。区間エントリーが出たところである程度大…

箱根駅伝2022 東京国際大学区間配置予想

箱根駅伝まで2週間を切りました。今週末には箱根駅伝の事前番組(春夏秋冬とか絆の物語)も放送される予定のようで、いよいよ箱根駅伝という感じがしてきますね。残り2週間私も体調を崩さないように万全のコンディションで当日を迎えテレビの前で観戦できる…

箱根駅伝2022 創価大学区間配置予想

箱根駅伝まで残り2週間となりました。選手の皆さんは最後の調整を進めているところでしょう。ここで走りすぎると疲れが溜まるでしょうし、走らなすぎるとなんとなく噛み合わない感じも生まれると思いますし、調整は本当に難しいと思います。選手の中には何か…

箱根駅伝2022 國學院大学区間配置予想

箱根駅伝まで残すところ15日となりました。来週末には全国高校駅伝が開催されますね。高校生もレベルが上がっていますので、今回も素晴らしい記録、レースを繰り広げてくれると期待してしまいます。特に洛南高校の佐藤選手に注目が集まっていますね。ただ、…

箱根駅伝2022 順天堂大学区間配置予想

箱根駅伝2022のチームエントリーまで残り12日となりました。ここまでにどこまで区間配置予想が出来るか不安になってきました。いつも通りできる範囲(本当は全てやるのがあるべきと思っているのですが・・・)でやっていこうと思います。最近は過去の箱根駅…

箱根駅伝2022 東洋大学区間配置予想

チームエントリーが終わり、次の区間エントリー(暫定)までは少し静かな日が続きますよね。ここのところは想定通り情報は少なく、一部の大学・一部の選手で戦略が公のものになるという感じでしょうか。どちらかというと自信がある部分は言葉にしてしまうと…

箱根駅伝2022 早稲田大学区間配置予想

12月も中旬まで来ましたね。11月のロードレース、トラックレース以降は多くの大学が静かに箱根駅伝の日を待つといっているという状況ですね。この1ヶ月はあまり情報も多くない時期なんですよね。漏れ聞こえる話や風の便りくらいのレベルでやっぱり当日蓋を開…

箱根駅伝2022 青山学院大学区間配置予想

箱根駅伝ファンにとっては区間配置予想や新入生情報などこの時期は本当に楽しいですよね。本番が近づくと、なぜか緊張して、1月2日の朝の大手町の映像を見るとソワソワがピークになります。次の1月2日も全てをスタンバイして号砲を待つ、駅伝観戦のためのル…

箱根駅伝2022 駒澤大学区間配置予想

昨日、箱根駅伝2022の16人のチームエントリーが発表されました。実力ある選手も外れるケースがありますが、前哨戦も踏まえるとそれほど驚きはなかったように思います。どの大学も今のところ大きな誤算は無いということかもしれません。さて、本日からは(当…

箱根駅伝2022チームエントリー発表

待ちに待った16人のチームエントリーが発表されましたね。合わせて、監督トークバトルも実施されました。今日の発表を受けて、多くの駅伝ファンが色々と予想を始めてワクワクするんだろうなぁと思うとこちらもワクワクしてきます。残り1ヶ月弱、駅伝ファンは…

箱根駅伝2022 チームエントリーを前にして

いよいよ金曜日には箱根駅伝の16人のチームエントリーが発表されます。1月2日、3日が楽しみすぎるがゆえに世の中的には師走と言われあっという間に過ぎるということですが、箱根駅伝ファンの私からするととても長く感じる12月です。 チームエントリーはまだ…

帝京大学 全日本大学駅伝2021振り返り&箱根駅伝2022に向けて

昨日は12/26に実施される全国高校駅伝の出場校をチェックしていました。例年12月の第4日曜日に開催かと思いますが、今年は26日開催と若干遅めな印象を受けました。男子の出場校を見てみると、多くの都道府県では複数年連続出場の高校が多いですね。高校側も…

東海大学 全日本大学駅伝2021振り返り&箱根駅伝2022に向けて

12月も二週目に入り、金曜日には箱根駅伝のチームエントリー16名が発表されますね。その日には監督トークバトルもあるようで、いよいよ箱根駅伝モードという感じがします。(大学スポーツの域を越えていることにいろいろ意見はあるようですが、やはりそれだ…

創価大学出雲駅伝2021振り返り&箱根駅伝2022に向けて

今日は福岡国際マラソンの日ですね。CMの合間にこの記事を少しずつ書き進めて投稿に至りました。12月は全国高校駅伝と富士山女子駅伝が楽しみです。特に高校駅伝は進路も少しずつ明らかになる中で、進路別の成績がとうだったかという見方も楽しみになります…

國學院大学 全日本大学駅伝2021振り返り&箱根駅伝2022に向けて

12月10日の16人のチームエントリーまで残り8日となりました。ここで、各大学故障やよほど復調していない選手は16人から外れることになるんですよね。各大学順当にエントリーできるのが良いのですが、コンディション合わせというのは非常に難しいということを…

東京国際大学 全日本大学駅伝2021振り返り&箱根駅伝2022に向けて

前回の投稿からかなり空いてしまいました。年末が近づき身の回りもバタバタし始める頃ですね。寒くなってきますし、選手を見習ってしっかりと体調管理したいところです。ロードレースが少なく、本番の感覚を養うことが難しいように思えますが、他大学と共に…

順天堂大学 全日本大学駅伝2021振り返り&箱根駅伝2022に向けて

週末は世田谷ハーフ、宮古ハーフ、日体大記録会、中国実業団駅伝、関西実業団駅伝、東日本女子駅伝などたくさんの大会が開催されました。世田谷ハーフ、宮古ハーフでは青山学院大学が存在感を示しました。日体大記録会では10,000m/5,000mともに素晴らしい記…

早稲田大学 全日本大学駅伝2021振り返り&箱根駅伝2022に向けて

毎週毎週何か大会が行われていて、本当に駅伝ファンからすると楽しい時期が続いています。月末にはクイーンズ駅伝もありますし、来月は高校駅伝もありますし。高校駅伝というとそろそろ少しずつ選手の進路が雑誌などに載る時期ですね。各人の進路なので深く…

東洋大学 全日本大学駅伝2021振り返り&箱根駅伝2022に向けて

昨日は激坂最速王が開催されました。全体トップは神野選手で2位に大差をつけての圧勝だったということで、さすが山の神というところを見せつけました。神野選手はプロランナーとしてマラソンに取り組まれています。中々結果が出ていないところもありますが、…

青山学院大学 全日本大学駅伝2021振り返り&箱根駅伝2022に向けて

今週末は激坂王や記録会などが開催されますね。激坂王はここ最近箱根駅伝5区候補の選手が走って話題になっている大会です。ハーフマラソンの大会も予定されていますし、箱根駅伝に向けた各大学の学内競争も激しくなってきますね。 さて、本日は青山学院大学…