和菓子好きの駅伝ブログ

陸上競技、特に箱根駅伝を中心にまとめています。

全日本大学駅伝2021 駒澤大学区間配置予想

昨日、箱根駅伝の予選会が終わりました。今年も歓喜に沸いた大学もあれば、涙を飲んだ大学もありました。解説の渡辺康彦さんも仰っていましたが、惜しくも本戦進出を逃した大学はこの悔しさをバネに来年は笑顔溢れる大会にしてもらいたいです。一つのハイライトとして、駿河台大学の初出場がありました。本戦でどんな走りをしてくれるのか今から楽しみです。さて、今日からは全日本大学駅伝に向けて、チームエントリーの確認と(当たりはしませんが自己満足の)区間配置予想をしていきたいと思います。まずは前年優勝の駒澤大学です。

出雲駅伝の結果は以下の通りでした。(敬称略)

1区:篠原 区間8位/総合8位

2区:安原 区間3位/総合6位

3区:花尾 区間4位/総合5位

4区:唐澤 区間8位/総合8位

5区:赤津 区間10位/総合8位

6区:田澤 区間2位/総合5位

戦前は優勝候補の筆頭と言われていましたが、鈴木芽吹選手の欠場や、トラックシーズン絶好調の唐澤選手が4区に回るなど、噛み合わなかった印象が強かったですね。田澤選手はさすがの走りでした。

全日本大学駅伝は距離が延びて、区間も増えるため、出雲駅伝よりも強さを発揮すると思われます。駒澤大学は過去の結果を見ても全日本大学駅伝は相性が良いですし。優勝候補なのは間違いないでしょう。さて、16名のエントリーは以下の通りとなりました。(敬称略)

4年:佃 康平

3年:田澤 廉、円 健介、中島 隆太、東山 静也、山野 力

2年:青柿 響、赤津 勇進、赤星 雄斗、唐澤 拓海、白鳥 哲汰、鈴木 芽吹、花尾 恭輔、安原 太陽

1年:佐藤 条ニ、篠原 倖太朗

おおむね順当なエントリーでしょうか?2年生は昨年からトラックで自己記録連発の世代でボリュームゾーンになっています。一方で、4年生世代が一人と少ないんですよね。1年生からは佐藤選手、篠原選手の2名がエントリーとなりました。

区間配置予想は以下の通りとしてみました。

1区:篠原

2区:花尾

3区:安原

4区:唐澤

5区:佐藤

6区:山野

7区:佃

8区:田澤

鈴木芽吹選手は9月に右大腿部の疲労骨折ということで、無理はさせないのではと思いました。今シーズン比較的名前を聞くメンバーを中心に選んでみました。1区は篠原選手。出雲駅伝でも1区を走りましたがトップと16秒差ということで、距離の短い出雲駅伝ではちょっと開いてしまったなという感じでした。全日本ではなんとか秒差で渡したいところ。2区は昨年も経験している花尾選手。昨年は若干苦しい走りになりましたが、以降の箱根駅伝出雲駅伝と安定していますので、仮に1区で出遅れたとしても巻き返すことが出来るでしょう。3区は安原選手。出雲駅伝より距離が延びますがうまく繋げられるか。4区は唐澤選手。シーズン序盤は好調でしたが、以降のなかなか上がってこないとのことで、出雲駅伝で思ったような走りが出来ませんでしたが、うまく合わせてこられるか。唐澤選手の走りが重要になりそうです。5区は佐藤選手。先日の記録会でも自己新記録を出していますし、勢いそのままに走ってほしいですね。6区は山野選手、7区は佃選手。ここは迷いましたが、より長い距離に強そうな佃選手を7区としてみました。8区は昨年も走っている田澤選手。2年連続ゴールテープを切ってほしいです。8区に渡る時点で東京国際大学よりも1分以上前を走っていたいところでしょうか?鈴木芽吹選手が走れないとなると実力拮抗している今の大学駅伝ではより厳しくなるかもしれませんが、優勝候補の一角ではありますね。

当たるという手応えはありませんが、駒澤大学区間配置予想でした。次回もお楽しみに。