和菓子好きの駅伝ブログ

陸上競技、特に大学駅伝(箱根駅伝・全日本大学駅伝・出雲駅伝等)を中心にまとめています。

全日本大学駅伝2021 早稲田大学区間配置予想

先日はプリンセス駅伝でしたね。資生堂が優勝、岩谷産業ニトリダイソー辺りが初のクイーンズ駅伝への切符を手にしました。来週は全日本大学女子駅伝ですので、毎週のように駅伝があり、駅伝シーズンだなぁというのを感じます。さて、本日は早稲田大学全日本大学駅伝区間配置予想をしたいと思います。

今年の早稲田大学は10,000m27分台トリオを筆頭に選手は揃っていると思いますね。まずは出雲駅伝の結果です。出だしからうまく流れ、4区終了時点で2位に付けましたが、結果は6位でした。優勝の可能性もあると思っていましたが、天候も影響し、思ったより下位でのゴールとなってしまいました。その出雲駅伝の結果は以下の通りです。(敬称略)

1区:菖蒲 区間2位/総合2位

2区:井川 区間6位/総合4位

3区:太田 区間4位/総合4位

4区:石塚 区間1位/総合2位

5区:伊藤 区間12位/総合5位

6区:中谷 区間6位/総合6位

早稲田大学出雲駅伝の1区は苦戦している印象でしたが、菖蒲選手が区間2位の良い走りでした。また、1年生石塚選手が堂々の区間賞。良い走りでした。一方で5区、6区が伸びなかったですね。向かい風の高温ということで、調子というよりは天候の影響を大きく受けたのかもしれません。持ちタイムからすると、全日本以降はやってくれるのではと思います。

さて、続いて全日本大学駅伝のチームエントリーです。

4年:千明 龍之佑、太田 直希、中谷 雄飛、山口 賢助、河合 陽平、室伏 祐吾

3年:安田 博登、井川 龍人、鈴木 創士

2年:佐藤 航希、菖蒲 敦司、辻 文哉、栁本 匡哉、諸富 湧

1年:石塚 陽士、伊藤 大志

箱根駅伝で好走した小指選手が外れましたが、おおむね順当なエントリーでしょうか。中谷選手のリベンジの走りに期待です。前年好走している鈴木選手も登録されています。このメンバーであれば、やはり優勝候補の一つですね。さて区間予想をしてみました。

1区:菖蒲

2区:井川

3区:中谷

4区:太田

5区:千明

6区:石塚

7区:鈴木

8区:山口

1区は菖蒲選手。出雲駅伝も好走していますし、スターターとしてうまく滑り出したいところ。出雲と同様、1区をあまり得意にしていない印象があるので払拭したいところ。2区は井川選手。出雲駅伝はもう一伸びありませんでしたが、距離が長くなり実力を発揮したいところ。3区は中谷選手、4区は太田選手、5区は千明選手。4年生3人で一気に先頭に立ちたいですね。6区は石塚選手、出雲駅伝の勢いそのままに良い走りに期待です。7区、8区は前回同様鈴木選手、山口選手の二人。長い区間でも粘って上位でゴールしたいところです。メンバーも揃っていますし、一人一人が持てる力を発揮すれば、優勝も十分に可能だと思います。