和菓子好きの駅伝ブログ

陸上競技、特に大学駅伝(箱根駅伝・全日本大学駅伝・出雲駅伝等)を中心にまとめています。

全日本大学駅伝2021 青山学院大学区間配置予想

今週末は全日本大学女子駅伝が開催されますね。本当に毎週駅伝があると思うとワクワクしてしまいます。良い時期がやってきましたね。全日本大学駅伝も残り1週間強と近づいてきています。あと何校区間配置予想が出来るか分かりませんがピッチを上げてやっていきたいと思います。本日は青山学院大学です。

まずは出雲駅伝の結果から。(敬称略)

1区:近藤 区間1位/総合1位

2区:飯田 区間7位/総合5位

3区:佐藤 区間3位/総合3位

4区:若林 区間6位/総合3位

5区:目片 区間6位/総合4位

6区:横田 区間3位/総合2位

かなり満足できる、次は期待できる結果だったのではないでしょうか?1区近藤選手が区間賞と最高の滑り出し。今期はトラックシーズンから活躍が光ります。残りの駅伝も当然ながら期待してしまいます。2区飯田選手で若干後退するも、3区佐藤選手で3位まで戻しました。この時点で東京国際大学に先を行かれているわけですから、原監督が暗に白旗宣言してしまいましたね。決して悪い走りではないと思うのですが。飯田選手は長い距離が強いイメージありますので、全日本以降はやってくれるでしょう。佐藤選手は安定の走りもゲームチェンジャーとしての役割が期待される部分があるかもしれませんね。4区、5区は伸びを欠くものの、6区横田選手が素晴らしい走りで総合2位でゴールでした。予想を上回る走りでした。今年の青山学院大学は爆発力は無いものの、層が厚く強いというイメージでしょうか。ミスなくコツコツ繋いで上位をキープすることで優勝の道が開けると思います。

さて、全日本大学駅伝のチームエントリーです。

4年:飯田 貴之、髙橋 勇輝

3年:岸本 大紀、近藤 幸太郎、関口 雄大、中倉 啓敦、中村 唯翔、西久保 遼、目片 将大、横田 俊吾

2年:佐藤 一世、志貴 勇斗、鈴木 竜太朗

1年:太田 蒼生、田中 悠登、若林 宏樹

3年生がボリュームゾーンですね。この世代は1年生の頃に多くの選手がハーフマラソンで好記録を出していた世代だと思います。その後、時間をかけて強くなってきた選手が多いのでしょう。4年生は二人と少なめ、2年生は佐藤選手の他に志貴選手、鈴木選手がエントリー、1年生からは太田選手、田中選手、出雲駅伝を走った若林選手の3名がエントリーでした。数年前の目立つ選手ばかりの頃とは異なりますが、原監督が青学史上最強チームと言うくらいですので、それだけ自信があるのでしょう。圧倒的優勝候補というわけではないですが、上位進出は十分狙えます。以下の通り区間配置予想をしてみました。

1区:若林

2区:岸本

3区:佐藤

4区:飯田

5区:目片

6区:横田

7区:近藤

8区:西久保

1区は1年生若林選手。高校駅伝で1区で好走している印象がありますし、距離も短いということでここに配置。距離は短いですが、出遅れは厳禁ですので、秒差で繋ぎたいところ。2区は岸本選手。1年生の時に走っている区間です。どこまで復帰出来ているか分かりませんが、前半の重要区間を担うと予想しました。3区は佐藤選手。区間構成が大きく変わったから、どこがエース区間かはっきりとしなくなりましたが、3区は多くの大学がエース級を配置していることから、ここに佐藤選手と予想。1区2区がうまく滑り出せばここでトップに立ちたいですね。4区は4年生の飯田選手。比較的アップダウンがある印象ですのでここに配置と予想。5区は目片選手、6区は出雲駅伝好走の横田選手。この二区間は選手層の差が出るところですね。7区、8区の長距離区間を誰が担うか、全く読めませんでしたが、今期絶好調の近藤選手を7区に、長い距離に適正があると思われる西久保選手を8区と予想。近藤選手がどれだけ他校と差を付けられるか、8区の選手を楽に走らせてあげられるかが大事になりそうです。優勝候補筆頭という印象は受けませんが、原監督は自信を覗かせていますので、優勝の可能性もあると思います。ただ、爆発力があるとは言えないので、取りこぼしは厳禁。ミスなく繋げば、優勝の可能性は高まると思います。