和菓子好きの駅伝ブログ

陸上競技、特に箱根駅伝を中心にまとめています。

全日本大学駅伝2021 東洋大学区間配置予想

本日は全日本大学女子駅伝ですね。名城大学5連覇なるか?念願の優勝なるか大東文化大学日本体育大学拓殖大学辺りも元気ですね。男子は来週の今日いよいよ全日本大学駅伝が開催されます。全日本大学駅伝は朝早くから開催されるので、早起きして身だしなみを整えてテレビの前に向かうというあの感じが好きなんですよね。

さて本日は東洋大学区間配置予想です。まずは出雲駅伝の結果から。(敬称略)

1区:児玉 区間7位/総合7位

2区:奥山 区間9位/総合9位

3区:前田 区間6位/総合8位

4区:九嶋 区間2位/総合6位

5区:石田 区間1位/総合2位

6区:柏  区間7位/総合3位

シーズン前半の結果、主力を欠く状態から下馬票は関東の大学でも下の方という状況ではありましたが、さすが東洋大学。駅伝での強さを発揮しました。主力がいない分、一人一人が持てる力を発揮した結果でしょうか?1区は児玉選手。スターターの位置を不動のものにしていますね。若干ラストスパートのタイミングが早いような気がしましたが、あれで集団がばらけて粘って秒差で繋ぐという戦略だったのかもしれませんね。今後もスターターとしての活躍に期待です。2区は初駅伝の奥山選手。今期伸びてきた選手でしたが、初駅伝は若干思った走りではなかったか。今後に繋げてほしいです。3区は前田選手。エース区間でも大きく遅れることなく繋いだのは成長の証でしょう。個人的には淡々とと走る方を得意としているように映る部分はありますが。4区九嶋選手、5区石田選手は素晴らしかったです。ここで一気に2位に上がることができました。石田選手は今後の駅伝では主要区間での起用も期待されます。6区も初駅伝の柏選手。淡々とペースを刻み一時4位に下がるも、最後は粘りの走りで3位でゴール。全体としては上々の三大駅伝滑り出しでした。

替わって、全日本大学駅伝は以下のチームエントリーとなっています。(敬称略)

4年生:宮下 隼人

3年生:及川 瑠音、大沼 翼、柏 優吾、児玉 悠輔、前田 義弘

2年生:奥山 輝、兼原 尚也、九嶋 恵舜、佐藤 真優、松山 和希、菅野 大輝、村上 太一

1年生:石田 洸介、梅崎 蓮、小林 亮太

東洋大学もおおむね順当なエントリーではないでしょうか?宮下選手、松山選手、佐藤選手といった主力選手が戻ってきました。これなら優勝も狙えると思います。4年生は残念ながら宮下選手の一人。前年好走の腰塚選手や箱根駅伝で結果を残している蝦夷森選手、鈴木選手もなんとか箱根駅伝で戻ってきてほしいです。距離が長くなるほど4年生の存在が大きくなりますから。3年生は出雲駅伝エントリーの及川選手、児玉選手、柏選手、前田選手、大沼選手がそのままエントリー。2年生は主力の松山選手、佐藤選手。それから出雲駅伝好走の九嶋選手の他、奥山選手、兼原選手、菅野選手、村上選手と最多の7名。1年生は石田選手、梅崎選手、小林選手の3名でした。東洋大学は6位目標と控えめなようですが、十分上位を狙える布陣です。

区間配置予想をしてみました。(敬称略)

1区:児玉

2区:石田

3区:松山

4区:前田

5区:佐藤

6区:九嶋

7区:宮下

8区:柏

1区は児玉選手。前回の全日本大学駅伝から大崩れがないのが強みですよね。やはり1区での出遅れは致命的ですから、実績もある児玉選手になるでしょう。秒差で繋いでくれることに期待です。2区は石田選手。ここで前半区間デビューかなぁと。前年は松山選手が1年生で走っていますし、十分に考えられると思います。距離も全体の中では短い区間ですし。出雲駅伝と同様、威風堂々とした走りに期待です。3区は松山選手。どこまで戻してきているか分かりませんが、戻ってきているのであればここで先頭に立つくらいの走りに期待です。4区は前年同様前田選手。前回は区間4位でしたし、同じ区間を良いイメージで走ってほしいですね。5区佐藤選手、6区九嶋選手。比較的フラットなこの区間をこの二人で。共にロードに強い印象があるので単独走でも淡々とペースを刻めると思います。7区は宮下選手。どこまで戻しているか分かりませんが、エース級が多く投入されるこの区間としてみました。8区は柏選手。長い距離の方が適正がありそうですし、箱根駅伝に向けてもここで長い距離を走っておきたいところ。今期伸びている選手ですし、酒井監督からの信頼もあると思います。松山選手、佐藤選手、宮下選手の復調次第では、奥山選手、兼原選手、村上選手、小林選手辺りの起用もありそうではありますね。ただ、万全のオーダーが組めた時、今年の東洋大学は強いと思いますよ!