和菓子好きの駅伝ブログ

陸上競技、特に箱根駅伝を中心にまとめています。

全日本大学駅伝2021 東京国際大学区間配置予想

全日本大学女子駅伝名城大学大学が5連覇を達成しましたね。大学駅伝ですから、ほぼ毎年誰かが卒業する中での5連覇は本当にすごいです。おめでとうございます。大東文化大学は5年連続の2位、拓殖大学はルーキー不破選手の圧巻すぎる走りで3位でしたね。

さて、本日2校目の東京国際大学です。(残り1週間ですので、ピッチを上げていきたいと思っています。)まずは出雲駅伝の振り返りから。(敬称略)

1区:山谷 区間3位/総合3位

2区:佐藤 区間4位/総合3位

3区:丹所 区間2位/総合1位

4区:白井 区間5位/総合1位

5区:宗像 区間3位/総合1位

6区:ヴィンセント 区間1位/総合1位

この上ない結果で初出場初優勝を果たしました。戦前から優勝候補でしたが、展開は誰もが予想していなかった良い意味で期待を裏切る内容でした。日本人選手の留学生に頼らないチーム作りの意識が浸透している気がします。1区山谷選手が最高の滑り出し、2区佐藤選手も良い流れで丹所選手に。3区丹所選手は区間トップを快走する素晴らしい走り。4区白井選手、5区宗像選手も遅れることなく繋ぎ、6区にはヴィンセント選手で圧勝と言える結果でした。これなら全日本大学駅伝以降も期待せずにはいられません。

さて、その全日本大学駅伝です。チームエントリーは以下の通りでした。(敬称略)

4年生:三浦 暸太郎、野澤 巧理、芳賀 宏太郎

3年生:丹所 健、宗像 聖、堀畑 佳吾、山谷 昌也、奥村 辰徳、ルカ ムセンビ、イエゴン ヴィンセント

2年生:林 優策、生田 琉海、麓 逸希

1年生:白井 勇佑、冨永 昌輝、佐藤 榛紀

出雲駅伝優勝メンバーは全員エントリーですし、経験豊富な芳賀選手も戻ってきました。中心選手のエントリー漏れは無さそうでしょうか。出雲駅伝では優勝という素晴らしい結果でしたが、区間も8区間に増え、一区間当たりの距離も延びることからどうなるでしょうか。もちろん優勝を狙っていくと思いますし、大砲ヴィンセント選手も控えるので優勝候補ではありますね。区間配置予想をしてみました。(敬称略)

1区:佐藤

2区:丹所

3区:堀畑

4区:宗像

5区:冨永

6区:三浦

7区:山谷

8区:ヴィンセント

1区は佐藤選手。1年生ではありますが、出雲駅伝でも好走しています。距離は短いですが出遅れ厳禁の重要区間である1区かなと。2区は丹所選手。OBの伊藤選手もこの区間を走っていますし、東京国際大学としてはここがエース区間という位置付けではないかと思いました。仮に1区で出遅れたとしても丹所選手であれば挽回することも可能ですし。3区は堀畑選手。直前の記録会でも良い結果を残したようですし、前半区間に起用される気がします。4区は宗像選手。前年も走っている区間ということでこの区間かなと。前年よりも上積みがあるでしょうから期待できそうです。5区冨永選手、6区三浦選手。選手層からするとここでいかに粘れるかが重要になってきそうです。7区は山谷選手。直前の記録会でも良い記録でしたのでこの区間でも十分戦えるはずです。8区は満を持してヴィンセント選手。これまではムセンビ選手が走っていましたが、今年はヴィンセント選手かなと。7区終了時点でトップと1分半差であれば大逆転優勝というイメージも持てます。ここにヴィンセント選手が控えることを考えると他校は前半型のオーダーになりそうですが、東京国際大学も前半も劣っていないんですよね。本当に怖い存在です。選手層の差、1区間当たりの距離が延びるので優勝の可能性は出雲駅伝よりは下がる気が個人的にはしますが、それでも十分に優勝の可能性はありそうです。