和菓子好きの駅伝ブログ

陸上競技、特に大学駅伝(箱根駅伝・全日本大学駅伝・出雲駅伝等)を中心にまとめています。

全日本大学駅伝2021 東海大学区間配置予想

全日本大学駅伝まで残り4日となりました。じきにメンバーエントリーもありますし、それまでにあと何校このような記事を書けるか分かりませんが、もう少し頑張ります。直前には暫定オーダーを鑑みた展開予想、展望をしたいと思っております。さて、本日は東海大学です。出雲駅伝の結果は以下の通りでした。(敬称略)

1区:市村 区間10位/総合10位

2区:溝口 区間8位/総合8位

3区:佐伯 区間14位/総合10位

4区:水野 区間10位/総合9位

5区:神園 区間5位/総合9位

6区:本間 区間8位/総合9位

近年、黄金世代や名取選手たちトリオを擁していたこともあり、常に上位にいた印象のある東海大学ですが、今回は苦しかったですね。ただでさえ、強力な選手が抜けた中で、エースの石原選手が痛すぎる欠場。前半からうまく流れに乗れませんでした。全日本大学駅伝でいかに立て直せるか、気になるところです。

さて、その全日本大学駅伝のチームエントリーです。(敬称略)

4年生:市村 朋樹、長田 駿佑、本間 敬大、吉富 裕太

3年生:宇留田 竜希、川上 勇士、佐藤 俊輔、竹村 拓真、松崎 咲人

2年生:入田 優希、神園 竜馬、喜早 駿介、佐伯 陽生、溝口 仁

1年生:五十嵐 喬信、水野 龍志

今回も石原選手が外れてしまいました。前年はゲームチェンジャー的役割もしていたような気がするので持ちタイムもそうですが、駅伝力という意味でかなり痛手だと思います。それ以外の選手はおおむね順調なエントリーだと思うので、石原選手の穴をいかに埋められるかが鍵になりますね。やはり近年に比べると選手層が薄くなったのは否めませんね。全員駅伝で粘り強く繋ぐ必要が今まで以上にありそうです。区間配置予想をしてみました。(敬称略)

1区:佐伯

2区:市村

3区:神園

4区:溝口

5区:吉富

6区:竹村

7区:本間

8区:長田

正直、全く分かりませんでした!大学によってはここはこの選手だろうみたいな感覚になる大学もありますが。1区は佐伯選手。箱根駅伝出雲駅伝と苦しい走りが続いています。一方で前年同区間で好走していることもあり、この区間に予想しました。2区は市村選手。前年同区間で苦しい走りとなりましたが、1年間の上積みもありますし、ここに登場すると予想。3区は出雲駅伝好走の神園選手。主要区間デビューもあり得ると思いました。4区溝口選手、5区吉富選手、6区竹村選手。ここの流れでズルズルいかないようにしなければなりません。7区は本間選手。4年間コツコツと積み上げてきて長い距離ほど強いと思いますし、今のメンバーのエースでしょうからこの区間かなと。8区は長田選手。長い距離ということもあり、4年生に任せるのかなぁと。爆発力が無い分ミスなく、全選手が持てる力を発揮し、一つでも前でレースを進めたいところです。三大駅伝初出場という選手が出てくる可能性も十分にありますので、まずは全日本大学駅伝でチームとしてどのような走りになるか期待したいと思います。