和菓子好きの駅伝ブログ

陸上競技、特に箱根駅伝を中心にまとめています。

東京国際大学 全日本大学駅伝2021振り返り&箱根駅伝2022に向けて

前回の投稿からかなり空いてしまいました。年末が近づき身の回りもバタバタし始める頃ですね。寒くなってきますし、選手を見習ってしっかりと体調管理したいところです。ロードレースが少なく、本番の感覚を養うことが難しいように思えますが、他大学と共にハーフの距離を走るなどの取り組みもあるようですね。ただ、これからは手の内を明かさぬように自校で合宿を組むなりして最後の調整に入っていくことになるでしょう。いつの間にかあと1ヶ月とすぐそこに箱根駅伝が迫っているんですよね。これから特集雑誌も増えてくるでしょうし、楽しみです。さて本日は東京国際大学です。

前哨戦の出雲駅伝全日本大学駅伝はしっかりと存在感を示しましたね。出雲駅伝は文句なしの優勝、全日本大学駅伝では若干の選手層の薄さ?わずかなピーキングのズレ?を見せるも見事5位に入りました。全日本大学駅伝では3区にヴィンセント選手を配置し、箱根駅伝のレースの流れを想定してした区間配置でした。読み通り、3区で先頭に立ち逃げ切ることは出来ませんでしたが、箱根駅伝も同様のレース展開で少なくとも序盤はレースを賑わしてくれることでしょう。前哨戦で目立ったのが、丹所選手、山谷選手、佐藤選手辺りでしょうか?ヴィンセント選手も含めて主要区間を担うことになりそうです。

さて、箱根駅伝2022に出走可能性がありそうな選手は以下でしょうか?(敬称略)

4年生:野澤、芳賀、三浦

3年生:丹所、ビィンセント、奥村、堀畑、宗像、ムセンビ、山谷

2年生:生田、林、川畑

1年生:佐藤、白井、冨永、倉掛

4年生は野澤選手は全日本大学駅伝で粘りの走り、下級生の頃から実績のある芳賀選手、主将の三浦選手。特に野澤選手は全日本大学駅伝で長い距離も走れることを証明していますので、復路で起用される気がします。芳賀選手も復調していれば間違いなく走る選手だと思います。主将の三浦選手は最後の箱根駅伝で有終の美を飾りたいところ。3年生は厚いですよね。留学生のヴィンセント選手、ムセンビ選手。箱根駅伝はおそらくヴィンセント選手が走るかと思いますが、ムセンビ選手が登場したとしても協力です。それから、エースの丹所選手、今期駅伝で外していない山谷選手、その他宗像選手、奥村選手、堀畑選手辺りでしょうか。2年生は若干少なめな気がします。全日本大学駅伝出走の生田選手に加え、林選手、川畑選手辺りでしょうか。特に川畑選手は最速激坂王にも出走しており5区候補ということでしょう。1年生は前哨戦で結果を残した佐藤選手に加え、出雲駅伝好走の白井選手、10,000mで結果を残している倉掛選手、冨永選手辺りでしょうか。2年連続で箱根駅伝シード権を獲得しており、前哨戦でも結果を残しています。こうやって見ると選手層も暑くなってますね。往路はかなり強力ですよね。山谷選手、ヴィンセント選手、丹所選手で並べたとすると、3区終了時点では独走なのではないでしょうか。山上り要員も川畑選手を準備していそうな気がしますし、復路も野澤選手、芳賀選手、堀畑選手辺りを残せていたとしたら往路優勝で復路も逃げ切り総合優勝という可能性も十分にある気がします。駒澤大学青山学院大学に比べると選手層か薄いため、序盤のエースと大砲でどれだけリードを築けるかが非常に重要になると思われます。有力校の焦りを生むくらいのリードを3区終了時点で築きたいですね。一方で、全区間20km超のコースになります。短い距離で結果を残していた選手が20km超のコースにどれだけ対応出来ているか、相当のプレッシャーもある中で気になるところではあります。ただ、前哨戦を沸かしたように箱根駅伝でも中心校の一つであることには変わりありません!