和菓子好きの駅伝ブログ

陸上競技、特に箱根駅伝を中心にまとめています。

創価大学出雲駅伝2021振り返り&箱根駅伝2022に向けて

今日は福岡国際マラソンの日ですね。CMの合間にこの記事を少しずつ書き進めて投稿に至りました。12月は全国高校駅伝富士山女子駅伝が楽しみです。特に高校駅伝は進路も少しずつ明らかになる中で、進路別の成績がとうだったかという見方も楽しみになりますね。(まだ一部の選手だけ明らかになっている状況ではありますが。)箱根駅伝の16人のチームエントリーも迫っていますし、色々と楽しみがあります。さて、本日は前回箱根駅伝見事総合2位だった創価大学です。前回は1区から流れに乗って、その勢いが途切れることなくトップで10区に繋げたんですよね。最後は駒澤大学の見事な追い上げにより2位となってしまいましたが、今回も期待せずにはいられません。前哨戦は出雲駅伝だけだったんですよね。全日本大学駅伝に出られなかったことは良い意味でチームに危機感をもたらしたのでは?と最近の記録会の結果を見ながら感じています。出雲駅伝では酷暑、後半の向かい風があり思った結果ではなかったのではないかと思います。この結果も各人の気持ちに火が付いたのではないかと思っています。前回2位の驕りはまったく無いと思います。今回もチャレンジャーとして挑んでくるでしょう。

今回は以下メンバーが中心になるでしょう。(敬称略)

4年生:嶋津、三上、小野寺、永井、中武

3年生:葛西、緒方、濱野、ムルワ、新家、本田

2年生:桑田、石井、山森

1年生:小暮

4年生はまずはエースの嶋津選手ですね。過去2回の箱根駅伝は10区区間区間新、4区区間2位ということで素晴らしい結果を残していますね。前回山上りで結果を残した三上選手。前回箱根駅伝出走の小野寺選手、永井選手。それから出走が期待される中武選手。3年生は豊富です。前回箱根駅伝出走の葛西選手、濱野選手、ムルワ選手。出雲出走の緒方選手、新家選手に加え本田選手。2年生は出雲出走の桑田選手。ハーフマラソンで63分台の記録を持つ石井選手、山森選手。1年生からはロードが得意という小暮選手。この辺りでしょうか?前回箱根駅伝出走の選手が7人残っていますね。2区にムルワ選手を配置することが出来れば、1区は秒差で良くなりますから、かなり余裕は生まれると思います。また山は上りも下りも経験者の三上選手、濱野選手がいます。この二つの特殊区間を計算することが出来るのはかなりのストロングポイントです。さらに往路で嶋津選手を配置するでしょうから、1区がうまく流れれば往路優勝は十分に狙えるのではないでしょうか。1区嶋津選手、2区ムルワ選手、3区葛西選手でスタートすると面白い気がします。1区嶋津選手というのはなかなか考えにくいかもしれませんが。前回同様往路優勝できれば、他校にも焦りが生まれるでしょうし、復路もしっかりと戦力が整っていると思われますので最後の最後まで上位でレースを展開出来るように思います。ただ、選手層はやはり駒澤大学青山学院大学ほどではないと思いますので、ミスなく繋ぐことは必須になってきますね。直近の記録会でも良い成績を残しているようですし、1月2日、3日に向けて虎視眈々とピーキングしていると思われ、ダークホース的存在になるかもしれません。