和菓子好きの駅伝ブログ

陸上競技、特に大学駅伝(箱根駅伝・全日本大学駅伝・出雲駅伝等)を中心にまとめています。

箱根駅伝2022 東洋大学区間配置予想

チームエントリーが終わり、次の区間エントリー(暫定)までは少し静かな日が続きますよね。ここのところは想定通り情報は少なく、一部の大学・一部の選手で戦略が公のものになるという感じでしょうか。どちらかというと自信がある部分は言葉にしてしまうというのが傾向としてあるのではないかと思っています。箱根駅伝まで残り17日となりましたが、引き続き色々と想像してワクワク過ごそうと思います。

さて、本日は東洋大学区間配置予想です。

前哨戦は出雲駅伝3位、全日本大学駅伝10位とハマれば上位、少しミスするとシード権争いになってしまう、そんな予感のする結果となりました。出雲駅伝では各大学が熱さで崩れた中で東洋大学の選手は粘りの走りでミスなく繋ぐことができました。全日本大学駅伝では6区でアクシデント、7区は万全ではない中の走りで遅れることになり、シード権獲得ならずということになりました。ただ、全日本大学駅伝の結果で良くなかった点は明らかなので、ポジティブに捉えるとすれば、軌道修正しやすい結果だったとも言えるかもしれません。両駅伝では新戦力の台頭もありましたし、例年距離が延びると強さを発揮する東洋大学ですので、箱根駅伝ではさすがの強さを見せつけてくれるのではないかと期待しております。

さて、箱根駅伝に話を移したいと思います。

まずは前回大会ですが、以下の通りでした。(敬称略、かっこ内数字は当時の学年)

1区:児玉(2) 区間9位/総合9位

2区:松山(1) 区間4位/総合5位

3区:前田(2) 区間8位/総合5位

4区:吉川(4) 区間6位/総合5位

5区:宮下(3) 区間3位/総合2位

6区:九嶋(1) 区間14位/総合4位

7区:西山(4) 区間12位/総合4位

8区:野口(4) 区間2位/総合3位

9区:小田(4) 区間7位/総合3位

10区:清野(3) 区間9位/総合3位

往路はうまく流れましたよね。児玉選手が大きく遅れることなく繋ぎ松山選手で好位置に。宮下選手の山上りで2位まで上昇。一方ここのところ苦戦が続いている復路では順位を下げる結果となりました。ただ、3位以内に入ってくるところはさすが東洋大学でした。

2022年大会のチームエントリーは以下の通りです。(敬称略)

4年生:蝦夷森、宮下

3年生:大沼、柏、木本、児玉、清野、前田

2年生:奥山、九嶋、佐藤、松山、村上

1年生:石田、梅崎、吉田

4年生は蝦夷森選手と宮下選手の二人ということに。宮下選手は復調し万全の状態で5区を走ってほしいところです。蝦夷森選手も2年時に7区を好走していますよね。最後の箱根駅伝出走なるか。3年生からは前回も走っている児玉選手、清野選手、前田選手に加え、今期成長株の柏選手、その他大沼選手、木本選手の6人がエントリー。2年生は前回も走った九嶋選手、松山選手に加え、前哨戦で登場している奥山選手、佐藤選手、さらに世田谷ハーフで好走した村上選手の5人です。1年生は前哨戦ともに区間賞の石田選手、全日本大学駅伝好走の梅崎選手、直前のハーフマラソンタイムトライアルで好走したと情報のあった吉田選手の3人です。

区間配置は以下の通り予想してみました。(敬称略)

1区:児玉

2区:松山

3区:石田

4区:前田

5区:宮下

6区:九嶋

7区:村上

8区:梅崎

9区:柏

10区:佐藤

1区は児玉選手。よほどのことが無い限りここは変わらないのではと思います。もしかしたら展開としてはスローペースの方が良いのかもしれませんが、スピードもある選手だと思いますしハイペースになっても対応できるのかなと思います。中央吉居選手や順天堂三浦選手、留学生も数名登場しそうなイメージを持っておりますが、どこまで食らいつけるか。秒差で繋ぎたいところ。

2区は松山選手。全日本大学駅伝では苦しい走りでしたが、そこからどこまで復調できるか。これに尽きると思います。酒井監督も2区のコースへの適性の高さを買っているようでしたし、実力通り走れるまで復調しているのであればここも固いと思います。

3区は石田選手。4区もあり得ると思いましたが、3区も海岸線に出ると向かい風となる可能性もありますし気温も上がってくる区間なので、タフな場合にも強い石田選手かなと。スピードもある選手ですので、スピード区間であるこの区間にも対応できると思います。前回大会の東海石原選手のようなガンガンいく走りを期待したいです。

4区は前田選手。チームの主力で今期もチームを引っ張ってきた選手だと思います。タフなコースも対応できる選手だと思います。エース級を起用する大学も多い中で遅れずに食らいつき、山に良い流れをもたらす役割が求められます。

5区は宮下選手。ここもよほどのことが無い限り変わらないでしょう。2年前の自信の記録を超える素晴らしい走りに期待したいです。

6区は九嶋選手。前回も走っていて、おそらく下りの適性があるということだと思います。前回はそもそもの走力で苦しんだところもあったかもしれませんが、今期はしっかり走力を上げてきました。そこに下りの適性が加わるとすれば前回から1分以上の上積みは期待できるのではないでしょうか。

7区は村上選手。おそらくロードに強い選手です。単独走になったとしても淡々と走れる選手だと思います。ハーフの距離にも対応していることは世田谷ハーフでも証明していますし、いよいよ大学三大駅伝デビューなるか?

8区は梅崎選手。ロードに強いということが言われていますので、単独走もできる選手かなと思います。8区は遊行寺の坂もあってタフなコースですが、過去にも山本修二選手や前田選手が1年時に走っているこの区間を好走し、次回以降の主力区間出走に繋げてほしいです。

9区は柏選手。長い距離には強いでしょうし、気温が上がるこの区間ですので上級生の中で適性がありそうな選手です。

10区は佐藤選手。全日本大学駅伝の1区はどちらかというと急遽というイメージがしました。順調に来ていれば往路も考えられる選手ですが、今回はここで箱根駅伝デビューかなと。状態次第では、蝦夷森選手を起用も考えられると思います。

往路は前回走った選手4人+石田選手という布陣です。そうなると酒井監督仰る通り往路優勝は狙いに行きたいですよね。また、近年苦しかった復路も選手層が厚くなったことからかなり期待できる布陣に。往路優勝の流れのままそのまま逃げ切りという可能性も十分に考えられる布陣なのではと思います。総合は3位が目標ということで、駒澤大学青山学院大学の選手層や持ちタイムには及んでいないのが正直なところではありますが、箱根駅伝でしっかりと結果を残すのが東洋大学です。今回も上位でレースを盛り上げてくれることでしょう。