和菓子好きの駅伝ブログ

陸上競技、特に大学駅伝(箱根駅伝・全日本大学駅伝・出雲駅伝等)を中心にまとめています。

箱根駅伝2022 順天堂大学区間配置予想

箱根駅伝2022のチームエントリーまで残り12日となりました。ここまでにどこまで区間配置予想が出来るか不安になってきました。いつも通りできる範囲(本当は全てやるのがあるべきと思っているのですが・・・)でやっていこうと思います。最近は過去の箱根駅伝を見て、少し2022年大会を予想してみるなんてことをやっています。

さて、本日は順天堂大学区間配置予想をしてみたいと思います。

前哨戦において、出雲駅伝では三浦選手を欠く中で関東の大学最下位となる10位でした。前評判が高かっただけに意外でしたが、続く全日本大学駅伝では見事3位に入ってきました。今年は近年で一番選手層が厚いと思いますし、何と言っても三浦選手という核となる選手がいるのがとても心強いです。長門監督は現3年生の主力選手を令和のクインテットと表現していましたし、その中でも「Wシュンスケ(平選手、四釜選手)」には期待していると言っていたので、今回は3年生の走りがチームの浮沈のカギを握っていると言えるでしょう。

さて、箱根駅伝に話を移します。前回大会の結果は以下の通りでした。(敬称略、かっこ内は当時の学年)

1区:三浦(1) 区間10位/総合10位

2区:野村(2) 区間10位/総合11位

3区:伊豫田(2)区間5位/総合7位

4区:石井(1) 区間5位/総合7位

5区:津田(3) 区間13位/総合7位

6区:清水(4) 区間2位/総合5位

7区:小島(3) 区間15位/総合6位

8区:西澤(2) 区間10位/総合6位

9区:鈴木(3) 区間11位/総合8位

10区:原田(4) 区間6位/総合7位

意外にも区間二桁が6区間あったんですよね。ただブレーキというわけではなかったので、うまくつながったと言える結果でしょう。今回は間違いなくチーム力も上がっているので、前回の結果を上回る走りをするのではないかと思います。

その今回大会(2022年大会)のチームエントリーは以下の通りです。(敬称略)

4年生:近藤、津田、牧瀬、吉岡

3年生:荒木、伊豫田、四釜、平、西澤、野村

2年生:石井、藤原、三浦

1年生:海老澤、神谷、服部

3年生が6人と抜けていますが、バランスが良い布陣ですね。4年生からは前回5区出走の津田選手、1年時9区出走の吉岡選手、全日本大学駅伝出走の近藤選手、主将の牧瀬選手の4名です。3年生は主力の伊豫田選手、四釜選手、平選手、西澤選手、野村選手に荒木選手を加えた6名。令和のクインテットは主要区間を担うことになるでしょう。2年生は実績十分の三浦選手、石井選手に加え藤原選手がエントリー。1年生は出雲駅伝出走の服部選手、10,000mで記録を伸ばした海老澤選手に加え神谷選手がエントリー。順当なエントリーとなりました。

区間配置を予想してみます。(敬称略)

1区:三浦

2区:野村

3区:伊豫田

4区:石井

5区:四釜

6区:海老澤

7区:平

8区:西澤

9区:牧瀬

10区:吉岡

1区は三浦選手。2区や3区も考えましたが、序盤から流れに乗ってその流れに乗って良い走りをしたいところ。他校の1区メンバーによっては割と真面目に一人最初から飛び出すということも考えられると思っています。中央吉居選手や留学生が来るとなると逆に自重してしまうところがあるかもしれませんが、空前絶後区間新記録を更新する勢いで駆け抜けてほしいと思います。

2区は野村選手。前回も走っている野村選手を起用。夏から秋にかけて体調不良があったということで復調度合次第では2区は控えるということもあるかもしれませんが、万全であれば野村選手かなと。

3区は伊豫田選手。前回好走している区間です。走力は上積みがあると思いますし、1区、2区が良い流れならさらに素晴らしい走りをしてくれるのではないかと思います。

4区は石井選手。前回好走している区間です。ここまで1区~4区は前回と同じになっています。全日本大学駅伝では苦しい走りとなってしまいましたが、元々ロードは得意な選手のはずです。前回の良いイメージを残しながら前回の自身の記録を上回る走りをしてほしいと思います。

5区は四釜選手。長門監督は相当自信を持っているのではないかと勝手に思っています。おそらく今回の一番の秘密兵器だと思います。平地の走力もありますので、69分台を狙ってくるのではないかと。

6区は海老澤選手。何となく数年任せられるようにと1年生を下り要員として育成している気がしました。

7区は平選手。初めての箱根駅伝ですし、比較的フラットなこのコースで持てる力を発揮してほしいです。

8区は西澤選手。過去2回走っている区間です。前々回から前回で約1分縮めています。今回も前回以上の走りに期待したいです。

9区は牧瀬選手。キャプテンにこの区間を任せると思いました。4年間の走り込みで長い距離には対応していると思いますので、全日本大学駅伝の時のような気迫溢れる走りに期待したいです。

10区は吉岡選手。前哨戦は出てきておりませんが、力はある選手です。最後の箱根駅伝、笑顔でゴールテープを切ってほしいです。

順天堂大学もかなり強いと思います。全日本大学駅伝では3位に入っていますし、優勝候補の青山学院大学駒澤大学も気にしている大学の一つだと思います。三浦選手が抜け出すようなことがあると、その後その流れのまま往路優勝は十分にあり得ると思います。復路は若干分からないところがありますが、駅伝では流れが大事です。ですので、往路に主力を注ぎ込み勝負をかけてくるでしょう。前回7位を上回る結果となる可能性はかなり高そうですが、どこまで上位に食い込めるかとても楽しみです!