和菓子好きの駅伝ブログ

陸上競技、特に箱根駅伝を中心にまとめています。

箱根駅伝2022 展開と順位予想

昨日区間エントリーが発表されました。当日の交代枠は最大で6人で往路・復路それぞれ最大4名交代可能ということで、有力校は4名くらいは交代するようなイメージでエントリーしている印象でした。1区は様子見で来た大学も多かったですね。ハイペースであればこの選手、スローペースであればこの選手というのがあるのでしょう。さて、昨日は有力校の当日変更予想をまとめましたが、本日はレース展開をイメージしてみたいと思っています。

 

【1区】赤字は当日変更予想

有力選手:山谷(東国)、藤木國學院)、藤木(國學院)、唐澤(駒澤)、中谷(早稲田)、葛西価)、児玉(東洋)、三浦(順天堂)、吉居(中央)、佐藤(青学)、手嶋(明治)、栗原(中学)、内田(法政)

留学生は駿河台のブヌカ選手がどうなるかですが、今回は入ってこないとして予想しています。当日変更で中谷選手が入ったとすれば、区間賞を狙うと言っているのでハイペースに持っていくということも考えられます。ただ前哨戦も万全では無かったのでラスト勝負に持っていくでしょうか。仮にハイペースになったとすれば、吉居選手、三浦選手(当日変更予想)辺りがやはり強いか。1区経験が豊富となると、藤木選手、児玉選手辺りも区間上位は期待できますよね。スローペースになってエースを無駄にする起用という声もありますが、その中でもやはり有力選手は多いですよね。

区間賞候補:◎ 三浦(順天堂)、〇 吉居(中央)、△ 中谷(早稲田)

 

【2区】赤字は当日変更予想

有力選手:近藤(青学)、松崎(東海)、伊地知(國學院)、ヴィンセント(東国)、鈴木(早稲田)、田澤(駒澤)、ムルワ(創価)、松山(東洋)、野村(順天堂)、鎌田(法政)ヴィンセント(国士館)、藤本(日体)、ブヌカ(駿河台)、オニエゴ(山梨学院)

2区は前回同様ほとんどの大学は隠さずエントリーしている気がします。1区の展開次第ですが、留学生が引っ張る形になるでしょう。特に上位にいるであろう東京国際や創価は前回同様早いうちに抜け出すのではと思います。日本人はハイペースの集団で権太坂辺りまで行けると嬉しいと思うのでタスキをもらう位置が重要ですよね。単独走になるとやはりきついので、有力校は実力ある選手に引っ張ってもらって序盤は体力を温存したいですよね。ヴィンセント選手が今回どんな記録を出すか?65分台前半に迫るかどうか。また他の留学生も66分台を狙ってくるでしょう。日本人選手では田澤選手、近藤選手は66分台を狙いたいところですよね。松山選手も前回67分台前半で走っています。故障もありましたが同じくらい走れるでしょうか。また前回1区区間賞の鎌田選手も気になる存在です。非常に高い確率で東京国際がトップに立つでしょう。またムルワ選手のいる創価もそれに続くと思います。青山学院、駒澤、東洋、國學院、順天堂辺りはそれに続ければ理想の展開でしょう。

区間賞候補:◎ヴィンセント(東国)、〇 田澤(駒澤)、△ ムルワ(創価

2区終了時予想:1位 東国、2位 創価、3位 青山学院 4位 駒澤 5位 国士舘

 

【3区】赤字は当日変更予想

有力選手:岸本(青学)、丹所(東国)、遠藤(帝京)、鈴木(明治)、太田(早稲田)、鈴木(駒澤)、石田東洋)、伊豫田(順天堂)、木付國學院)、キサイサ(専修)

3区は前回同様隠してきた大学が多いように思います。2区までの流れを仕切り直す意味もありますから、非常に重要な区間です。フラットなコースではあるものの風が強くなることもありタフさも必要なコースですよね。東京国際は3区終了時に2分半くらい2位と離したいところではあるでしょう。他の有力校からすると東京国際との差もさることながら、他の優勝候補の位置取りも気にしながらということでしょう。駒澤は3区終了時に東京国際以外に先行しているのが理想的でしょう。青学は復路も厚いので、あまりにも遅れてなければというところでしょうか。創価は3区は粘りの区間と思いますが、前の方でレースを進められるでしょう。早稲田、東洋、順天堂辺りは追い上げムードを作りたいところ。

区間賞候補:◎ 丹所(東国)、〇 遠藤(帝京)、△ 石田(東洋)

3区終了時予想:1位 東京国際、2位 青山学院、3位 創価、4位 駒澤、5位 東洋

 

【4区】赤字は当日変更予想

有力選手:飯田(青学)、嶋津(創価)、花尾(駒澤)、石塚(早稲田)、石井(順天堂)

4区はけっこう差がつくんですよね。青学はここに飯田選手を投入し、前を追いたいところ。創価はここに前回同様嶋津選手を配置しているんですよね。ここでトップに立ちたいところでしょう。駒澤はここに安定感ある花尾選手を配してくると思いました。遅れることは無いでしょうから山に良い流れで繋ぎたいですよね。早稲田、順天堂は少しずつ追い上げて行きたいところ。

区間賞候補:◎ 嶋津(創価)、〇 飯田(青学)、△ 花尾(駒澤)

4区終了時予想:1位 創価、2位 東京国際、3位 青山学院、4位 駒澤、5位 東洋

 

【5区】赤字は当日変更予想

有力選手:若林(青学)、三上(創価)、殿地(國學院)、伊藤(早稲田)、宮下(東洋)、細谷(帝京)

天気予報を見るとかなり寒くなるとのこと。低体温症対策万全で走り出してほしいです。区間賞は69分台でしょうか。ここで一気に2分~3分くらい差がつきますからね。山は怖いです。創価としては4区の流れそのままに三上選手で往路のゴールテープを切りたいです。青山学院も報道によると山に自信があるようでここで追い上げていきたいですよね。東洋、國學院、順天堂は4区終了時に良い位置につけて往路優勝を狙いたいです。

区間賞候補:◎ 宮下(東洋)、〇 三上(創価)、△ 殿地(國學院

5区終了時予想:1位 創価、2位 東洋、3位 順天堂、4位 青山学院、5位 國學院

 

【6区】赤字は当日変更予想

有力選手:髙橋(青学)、島崎國學院)、濱野(創価)、若林(中央)、川上(東海)、九嶋(東洋)

意外と前回走った選手が少なそうな区間です。5区と同じで差がつく区間なんですよね。(復路は7区以降も選手層がものを言うので差がつきやすいです。)創価はここも安心して任せられるであろう濱野選手。青学は髙橋選手を起用し追い上げムードを作ります。國學院は島崎選手が前年以上の走りをすると一気に上がってきそうです。中央の若林選手も見逃せないですよね。駒澤、東洋、早稲田、順天堂は良い流れで来ていればそれを途切らせないようにしたいところでしょう。

区間賞候補:◎ 髙橋(青学)、〇 濱野(創価)、△ 島崎(國學院

6区終了時予想:1位 創価、2位 青山学院、3位 東洋、4位 國學院、5位 駒澤

 

【7区】赤字は当日変更予想

有力校:宮坂(青学)、梅崎(東洋)、安原(駒澤)、山森(創価)、井川(早稲田)、牧瀬(順天堂)、山本國學院

ここからは選手層が大きくタイム差となって表れてくるでしょう。有力校でも層の厚さが明らかに現れるところです。青学はここからが脅威的な選手層を発揮するところです。前に選手がいても残り4区間でひっくり返すだけの力があると思います。駒澤はうまくハマればというところですが、ひっくり返すだけの力があるかどうか。やはり往路を前の位置で終えたいです。その他の大学は少しずつ選手層の差が出るところをいかに粘れるかが鍵になってきます。単独走になることも考えられるので、淡々と走れるロードタイプの選手を起用する大学が増えてきますね。

区間賞候補:◎ 安原(駒澤)、〇 井川(早稲田)、△宮坂(青学)

7区終了時予想:1位 創価、2位 青学、3位 東洋、4位 駒澤、5位 早稲田

 

【8区】赤字は当日変更予想

有力校:西久保(青学)、新家創価)、西澤(順天堂)、千明(早稲田)、赤星(駒澤)、佐藤(東洋)、石川(國學院

ここでも青山学院の選手層がモノを言うと思います。そこに上りの適性ある新家選手や経験者の西澤選手や千明選手がどういう走りを見せるか。駒澤は選手層で若干分が悪いか。明治大学の櫛田選手がここにエントリーされていますね。

区間賞候補:◎ 西久保(青学)、〇 千明(早稲田)、△ 櫛田(明治)

8区終了時点:1位 青学、2位 創価、3位 東洋、4位 駒澤、5位 早稲田

 

【9区】赤字は当日変更予想

有力校:横田(青学)、中武(創価)、吉岡(順天堂)、佐藤(早稲田)、山野(駒澤)、柏(東洋)、平林國學院

ここまでくると青山学院の独走になっているような気がします。駒澤の山野選手がどれだけ追い上げられるか。今期成長の佐藤選手や柏選手の走りにも注目ですね。平林選手が本当に9区走るのであればそれは非常に面白いです。過去最高順位も狙える布陣ということだと思います。

区間賞候補:◎ 横田(青学)、〇 平林(國學院)、△ 柏(東洋)

9区終了時点:1位 青学、2位 東洋、3位 創価、4位 駒澤、5位 國學院

 

【10区】赤字は当日変更予想

有力校:中倉(青学)、山口(早稲田)、(駒澤)、村上(東洋)、坂本(國學院)、近藤(順天堂)、桑田(創価

10区は青学のビクトリーロードな気がしています。やはり復路が厚すぎる。そこに続くのが東洋、創価、駒澤辺りでしょうか。この辺りは復路7区以降はそれほど差がつかないのではないかと思います。

区間賞候補:◎中倉(青学)、〇 山口(早稲田)、△ 村上(東洋)

10区終了時点:1位 青山学院、2位 東洋、3位 創価、4位 駒澤、5位 早稲田

 

例年通り、復路は全くどうなるか分かりませんし、今回は交代枠も多いので当日変更も見当つかず、空想妄想の10区間でした。戦力的には青山学院がやはり抜けていますね。往路失敗が無ければ、復路の早い段階で独走になると思います。創価は前回に続き強いですね。終始良い位置でレースを進めると思います。駒澤は安定感という点で個人的な心配な部分があります。東洋、早稲田、順天堂、國學院あたりは一つのミスで大きく入れ替わると思いますが、駅伝巧者の東洋大学は最後まで上の順位でレースを進める気がしますね。早稲田、順天堂、國學院は若干捻った区間配置になっているのが気にならなくはないです。当日変更はレース直前なのでどこまでできるか分かりませんが、また記事にしてみたいと思います。