和菓子好きの駅伝ブログ

陸上競技、特に大学駅伝(箱根駅伝・全日本大学駅伝・出雲駅伝等)を中心にまとめています。

出雲駅伝2022 青山学院大学登録メンバーを受けて

これから、駅伝シーズンに突入していきますので、何とかコンスタントに記事をアップできるよう頑張りたいと思います。さて、出雲駅伝も間近に迫り、登録メンバーが発表される大学もちらほら出ていますね。事前に登録メンバーを発表している大学について、感想と狙いとなるレース展開を簡単にまとめていこうと思います。

本日は今年の箱根駅伝総合優勝、前回出雲駅伝は2位と初優勝の東京国際大学に敗れた青山学院大学です。

登録メンバーは以下の通りですね。(敬称略)

4年生:宮坂大器、近藤幸太郎、中村唯翔、横田俊吾、目片将大

3年生:志貴勇斗、山内健登

2年生:鶴川正也、野村昭夢、田中悠登

現状、10人の登録ですが、レース前日に6区間の選手と2人の補欠が登録されることになります。主力では、岸本選手、佐藤一世選手、太田選手、若林選手辺りがメンバーから外れていますね。また1年生からのメンバー登録はありませんでした。これだけの選手層ですから、10人の登録メンバーに入るのも至難の業と言えるでしょう。原監督が以前、競争が激しいがゆえに、メンバーに入るために選考レースにピーキングを持っていくことになる、という趣旨のことを仰っていましたが、この選手層ならそうなってしまいますよね。そこから、いかに調子を維持するか、実力もさることながらコンディショニングも非常に大事になってきます。さて、登録メンバーに目を移すと、4年生が中心の布陣です。エース近藤選手、今年の箱根9区区間新の中村選手、前回出雲好走の横田選手、前回出雲出走の目片選手、主将の宮坂選手の5名。3年生は今年の箱根1区好走の志貴選手、1年時に全日本大学駅伝に出走している山内選手の2名。層が厚い世代の2年生は高校時代から世代トップの鶴川選手、今期成長著しいと聞こえている野村選手、ハーフマラソンを中心に長い距離で結果を残している田中選手の3名です。誰が走っても一定以上の走りをしてくれそうですから、監督としてもどの選手を起用するか、最後まで悩むことでしょう。

区間配置予想は以下としてみました。(敬称略)

1区:近藤

2区:目片

3区:中村

4区:鶴川

5区:野村

6区:横田

青山学院は箱根駅伝を最重要視しており、また他大学も区間が少ない、かつ距離も短いということもあり、圧倒的という印象はありませんが、主力を複数欠いてもやはり豪華な布陣ですよね。前回1区で区間賞を獲得した近藤選手を1区に予想。やはり特に出雲での出遅れは取り返しのつかないことになりますので、ここは近藤選手かと。2区は前回5区出走の目片選手。スピードのある選手だと思いますのでこの区間と予想。3区は中村選手。長い区間ですし、直近の記録会の結果を見ても、エース区間にふさわしい走りをしてくれるでしょう。4区は満を辞して登場の鶴川選手と予想。鶴川選手1区起用ももちろんあると思いますが、初の三大駅伝ということで4区で持ち味を発揮して全日本、箱根に繋げてほしいです。5区はこちらも出走すれば三大駅伝デビューとなる野村選手。直近の記録会も良い結果を残していますし、十分あり得ると思います。ただ奥球磨駅伝に出走していますので、疲労がどうか、というところでしょう。6区は前回も同区間を走っている横田選手。ぜひとも優勝のゴールテープを切ってもらいたいところです。

各大学もレベルが上がっていますし、前回優勝の東京国際大学にはヴィンセント選手がいますから、青山学院としては1区から抜け出すことが理想的な展開でしょう。ただ、実力拮抗の中、一人で抜け出すのは勇気がいるもの。今年も最後のスプリント勝負となれば前回同様区間賞で主導権を握り、3区終了時にはリードを築き、仮に東京国際ヴィンセント選手が6区だとすれば、6区にタスキが渡る時点で60秒差は欲しいでしょうか。

主力が複数外れていますが、下級生のフレッシュな走りと上級生のさすがの走りがうまく融合することで優勝は十分に狙える布陣だと思います。