和菓子好きの駅伝ブログ

陸上競技、特に大学駅伝(箱根駅伝・全日本大学駅伝・出雲駅伝等)を中心にまとめています。

出雲駅伝2022 駒澤大学チームエントリーを受けて

急に寒くなってきましたので、出雲駅伝の日を確認すると、雨の予報になっていますね。できれば、晴天のコンディションが良い中で開催してほしいと思いますので、晴れたくれることを願うばかりです。出雲駅伝は13時5分スタートですので、早起きして午前中にテレビ観戦のコンディションを整えたいと思います。さて、本日は駒澤大学のチームエントリーについて見ていきたいと思います。昨年度は出雲はまさかの結果でしたが、全日本で競り合いの末に優勝、一方の箱根はピーキングにややずれがあったか、3位という結果でした。今年度は大学駅伝三冠を達成するためにも走るべき人がしっかりと走れるよう準備をしてくるのではないかと思います。田澤選手が4年生となりました。3年生世代は下級生の頃から活躍していた選手が多い世代で、この世代が鍵を握りますよね。1年生にはスーパールーキーの佐藤圭汰選手がいますね。出雲駅伝でデビューとなるかとても楽しみです。さてチームエントリーは以下となっています。(敬称略)

4年生:田澤廉、円健介、山野力

3年生:鈴木芽吹、花尾恭輔、安原太陽

2年生:吉本真啓

1年生:伊藤蒼唯、佐藤圭汰、山川拓馬

4年生からはスーパーエースの田澤選手、キャプテンの山野選手、円選手の3名がエントリー。3年生は故障から戻ってきた鈴木選手、ロードで安定した走りを見せる花尾選手、昨年出雲、全日本と好走した安原選手の3名、2年生からは直近の記録会で自己記録を出している吉本選手の1名。1年生からは地元出身の伊藤選手、スーパールーキー佐藤選手、山川選手の3名がエントリーです。2年生では篠原選手が外れていますね。鍵を握ると予想する3年生世代は3人ですが、全日本以降盛り上がってくるでしょう。区間配置は以下と予想しました。(敬称略)

1区:安原

2区:佐藤

3区:田澤

4区:鈴木

5区:山野

6区:花尾

1区は安原選手と予想。スピードもある選手ですので、ラストの競り合いも耐えられるのではないかと思います。2区は佐藤選手と予想。1年生ながら前半区間とプレッシャーはかかるかもしれませんか、高校時代から駅伝で結果を残しているので2区は十分考えられると思います。3区は田澤選手と予想。3区終了時点でトップに付けたいという思惑があるのではないかと思い、6区ではなく3区で起用されると考えました。4区は鈴木選手と予想。どれだけコンディションを戻しているか分かりませんが、いきなり主要区間ではないと思い、4区としてみました。5区は山野選手と予想。ロードで安定した走りを見せてくれますし、繋ぎと言われる区間で選手層の厚さを表現したいところ。6区は花尾選手と予想。仮に秒差であってま、昨年全日本アンカーでの粘りの走りを再現してくれるのではないかと思いました。皆が本調子だとするとかなり強力です。昨年は出雲の結果は振るいませんでしたので、今年は出雲から狙ってくると思います。