和菓子好きの駅伝ブログ

陸上競技、特に大学駅伝(箱根駅伝・全日本大学駅伝・出雲駅伝等)を中心にまとめています。

箱根駅伝2023予選会 結果と感想

箱根駅伝予選会が終わりました。見事本戦への切符を獲得した各大学の皆さん、本当におめでとうございます。本戦に向け、より一層力が入ることかと思いますが、故障には気をつけて頑張っていただきたいです。惜しくも、本戦出場を逃した大学は、今回の結果を糧に来年一層強くなって戻ってくることでしょう。今回、大東文化大学が前回の悔しさを晴らしたように、悔しい気持ちはバネになるということでしょう。例年、何が起こるか分からないと言われる予選会ではありますが、今回も上位通過と思われていた大学が下位通過となったり、通過が濃厚と言われていた大学が本戦を逃す、など波乱もありました。

さて、まずは12位までの結果です。

1位:大東文化大学 10時間40分39秒

2位:明治大学   10時間41分41秒

3位:城西大学   10時間42分09秒

4位:早稲田大学  10時間42分29秒

5位:日本体育大学 10時間43分34秒

6位:立教大学   10時間46分18秒

7位:山梨学院大学 10時間46分55秒

8位:専修大学   10時間46分56秒

9位:東海大学   10時間47分03秒

10位:国士舘大学     10時間48分55秒

以上、箱根駅伝本戦出場権獲得

11位:神奈川大学      10時間49分29秒

12位:中央学院大学  10時間51秒25秒

大東文化大学がトップ通過となりました。真名子新監督体制下、見事に本戦返り咲きです。全日本大学駅伝の出場権も獲得しており、チームとしても勢いがあると思いますので、この勢いのまま箱根駅伝シード権獲得してほしいですね。立教大学が6位で通過しました。55年ぶりの本戦出場ということで、非常に注目です。神奈川大学が11位、中央学院大学が12位と出場権を逃す結果に。神奈川大学はトップ通過とも目されていたため、予想外の結果でした。

 

それでは、レースを振り返っていきます。例年留学生を中心にスタートからハイペースで抜け出す展開となりますが、今回は非常にスローペースでスタートしました。立川駐屯地を抜けるまでの最初の5km頃までは大きな集団で展開しました。

【5km通過順位】

1位:明治大学、2位:城西大学、3位:亜細亜大学、4位:立教大学、5位:芝浦工業大学、6位:拓殖大学、7位:山梨学院大学、8位:日本大学、9位:筑波大学、10位:早稲田大学、11位:神奈川大学、12位:大東文化大学、13位:中央学院大学、14位:東海大学、15位:日本薬科大学、16位:専修大学、17位:上武大学、18位:日本体育大学、19位:麗澤大学、20位:駿河台大学

5km通過は明治大学がトップでした。選手層も厚く、出だしから良い位置に付けていました。城西大学立教大学山梨学院大学辺りも序盤からしっかり上位に入っています。例年5km時点では上位候補が下位通過もよくあることではありますが、早稲田大学神奈川大学東海大学辺りは10位以下で通過となりました。この時点ではどの大学も上がってくるだろうという展開です。

立川駐屯地を抜け、市街地に入っていくと留学生が抜け出し、一気に集団が崩れました。先頭は武蔵野学院大学のカマウ選手が引っ張ります。日本人選手トップは東海大学の石原選手という構図に。

【10km通過順位】

1位:明治大学、2位:城西大学、3位:立教大学、4位:山梨学院大学、5位:早稲田大学、6位:大東文化大学、7位:中央学院大学、8位:神奈川大学、9位:拓殖大学、10位:日本大学、11位:東海大学、12位:筑波大学、13位:日本体育大学、14位:専修大学、15位:国士舘大学

5km地点同様、明治大学がトップ通過でした。城西も良い位置に付けていますし、この時点で立教が3位通過。本戦出場が濃厚と思わせてくれたタイミングです。早稲田、大東文化が上がってきました。神奈川、東海、日本体育辺りは予想外に下位でした。

レースは武蔵野学院大学のカマウ選手を先頭に進みます。日本人トップを走っていた石原選手がかなり苦しそうな走りとなっています。日本体育大学はこの辺りからしっかりと集団で走っているなという印象がありました。

【15km通過順位】

1位:明治大学、2位:早稲田大学、3位:大東文化大学、4位:城西大学、5位:立教大学、6位:山梨学院大学、7位:東海大学、8位:中央学院大学、9位:神奈川大学、10位:日本体育大学、11位:国士舘大学、12位:専修大学、13位:日本大学、14位:拓殖大学、15位:麗澤大学

トップ通過は引き続き明治。早稲田、大東文化がさらに上げてきました。城西、立教大は引き続き良い位置に付けています。東海は7位まで上がりましたが、まだまだ油断は出来ません。神奈川、日体大辺りも上げていきたいところ。ここから終盤は一気に差が付くため、一人数秒を大事に走らなければなりません。

【17.4km通過順位】

1位:早稲田大学、2位:大東文化大学、3位:明治大学、4位:城西大学、5位:立教大学、6位:山梨学院大学、7位:東海大学、8位:日本体育大学、9位:神奈川大学、10位:専修大学、11位:中央学院大学、12位:国士舘大学、13位:日本大学、14位:麗澤大学、15位:拓殖大学

トップ通過は早稲田大学でした。さすが、少しずつ上げてきました。2位は大東文化大学でこちらも上げています。明治大学が3位に下げました。4位城西、5位立教と、この辺りまではトップ10の可能性は高くなったか。東海が7位、神奈川が9位とまだまだ分からない展開。残り4km弱はかなり差が付くため、1秒を大切にしたいところ。

【FINISH】

1位:大東文化大学、2位:明治大学、3位:城西大学、4位:早稲田大学、5位:日本体育大学、6位:立教大学、7位:山梨学院大学、8位:専修大学、9位:東海大学、10位:国士舘大学、11位:神奈川大学、12位:中央学院大学、13位:日本大学、14位:麗澤大学、15位:筑波大学

大東文化が見事トップフィニッシュ。明治は2位通過も笑顔なく、トップ通過した上で、本戦シード権返り咲きを狙っていたのでしょう。本戦での逆襲に期待です。城西が出場を決めました。目標はシード権を獲得し、少しでも上の順位ということになるでしょう。早稲田が4位で通過。残り4kmで少し落ちてしまいました。本戦に向けての課題が見えた結果かもしれません。集団で安定して走った日体大が5位通過。本戦では藤本選手も戻ってくるはずですので、シード権獲得も狙えるでしょう。。立教が見事6位で55年振りの本戦出場を決めました。2024年の100回大会での出場を目標としていましたが、1年早く決めましたね。これで一層スカウトも良くなるでしょうし、青山学院のように上位定連校になるのも近いかもしれません。7位山梨学院、8位専修大学と続き、9位には予想外の順位となった東海大学が入りました。辛くも本戦出場ということで、チームとしては喜べない結果とは思いますが、シード権返り咲きのスタート地点に立ちました。10位は国士舘大学で最後の枠に入りました。11位神奈川大学もまさかの結果で出場権を逃すことに。エース山﨑選手の欠場が痛すぎました。今年の箱根に出場した中央学院駿河台も10位以内に入ることは出来ませんでした。また1年、チームとして強くなって、戻ってきてくれることでしょう。