和菓子好きの駅伝ブログ

陸上競技、特に大学駅伝(箱根駅伝・全日本大学駅伝・出雲駅伝等)を中心にまとめています。

全日本大学駅伝2022 区間エントリー(暫定)発表

全日本大学駅伝まで、後2日となりました。選手たちは既に伊勢路入りしていることでしょう。本日暫定の区間エントリーが発表されましたので、関東の大学のエントリーについて見ていきたいと思います。有力校はどの大学も手の内を隠しているような印象を受けました。主力が結構補員に回っているんですよね。3人まで当日変更が可能となっていますが、他校の並びを見てオーダーを決めてくるのか、それとも万全な状態にないのか。注目です。

さて、区間エントリー(暫定)と感想・当日変更予想を各校ごとに見ていきたいと思います。(敬称略)

駒澤大学

1: 円 - 2: 佐藤圭汰 - 3: 吉本 - 4: 山川 - 5: 赤星 - 6: 安原 - 7: 田澤 - 8: 東山

補員: 山野、青柿、鈴木芽吹、花尾、篠原

1区は直近の記録会で10000m28分29秒で走っている4年生の円選手。スピードがあることも証明していますので、ラストの叩き合いにも対応してくるでしょう。

2区には1年生の佐藤圭汰選手。出雲に続き2区です。どうやら距離への対応も問題ないようですので、圧巻の走りに期待です。出雲同様、この区間終了時にトップに立ちたいですよね。

6区、7区は前回優勝の並びですよね。やはり成功した並びはそのままにしてきました。7区で優勝を確実なものにしたいでしょう。

また、5人とも走るのではないかと思われるメンバーが補員に回っています。山野選手、鈴木選手、花尾選手、篠原選手辺りから3名が走ることになるでしょうか。

〈当日変更予想〉

3: 鈴木芽吹、4: 山野、8: 花尾

 

青山学院大学

1: 目片 - 2: 白石 - 3: 佐藤一世 - 4: 横田 - 5: 岸本  - 6: 田中 - 7: 西久保 - 8: 宮坂

補員: 近藤、中村、関口、黒田、塩出

1区は出雲に続き、4年生の目片選手。出雲ではチームを流れに乗せる素晴らしい走りを見せてくれました。距離が若干伸びますが、今シーズンは絶好調で距離も踏めていると思いますので、秒差で二区に渡したいところです。

2区は2年生の白石選手。非常に好調だという声も聞こえております。前々回大会の近藤選手のような抜擢ですよね。出走となれば大学駅伝デビューです。緊張もあると思いますが、優勝を目指すとなると、ここは確実な走りが求められます。

3区は3年生の佐藤一世選手。過去二大会5区で区間賞の走りを見せている選手です。5区と比べると小刻みなアップダウンがある3区ですが、箱根8区も走っていますし、少々のアップダウンは苦にしないのでしょう。青山学院としては、ここで先頭に立ちたいところではないでしょうか。

4区は4年生の横田選手。出雲は最短区間の2区を走りましたが、今回は中盤区間。どこでも走れる印象を与えてくれます。出遅れていれば、前回大会の高橋選手のように前を追いかける走り、先頭に立っていればその差を広げる役割が求められます。

5区は4年生の岸本選手。ここに岸本選手を配置したのは意外でした。ただ、青山学院は5区にしっかり走れる選手を配置する傾向がありますので、コンディションは戻ってきているということでしょう。

6区は2年生の田中選手。出雲では向かい風もあり少し苦しみましたが、元々長い距離に強い選手です。過去二大会、6区は稼ぐ区間にできていないので、今回こそは、という起用ではないでしょうか。

7区は4年生の西久保選手。ハイレベルな自己記録を持ちつつも、直前でエントリー変更するなど出場機会が無かった選手ですが、4年目にして三大駅伝デビューなるか。関東インカレのハーフマラソンでも表彰台に上がっている選手ですし、出走となれば長い距離のこの区間で持ち味を発揮できるのではないかと思います。

8区は4年生で主将の宮坂選手。ここにキャプテンを配置です。今年はマラソンを走ってから故障もあったようですが、コンディションが整ってきたということでしょう。前回大会主将の飯田さんが悔しい思いをしましたが、先輩の思いも背負って、トップでゴールできるか?

また、近藤選手、中村選手を補員に回していますね。万全で出走となれば、ある程度走る区間は予想できそうな選手ですから、敢えて外す必要もないように思いますが、ここは原采配ですよね。当日は2区、7区、8区辺りのどこかに入ってくるのではないかと思います。

〈当日変更予想〉

7区: 近藤、8区: 中村

 

順天堂大学

1: 油谷 - 2: 三浦 - 3: 野村 - 4: 藤原 - 5: 浅井 - 6: 西澤 - 7: 伊豫田 - 8: 四釜

補員: 荒木、平、石井、内田、海老澤

2区に三浦選手が入りました。前回同様、2区終了時にトップに立っておきたいですよね。そうなれば、3区は野村選手ですし、そのままレースの主導権を握れそうです。6区西澤選手、7区伊豫田選手、8区四釜選手の並びも強力です。順天堂が上位に入るためには、4区、5区いかに粘れるかが鍵になってきそうです。

〈当日変更予想〉

1: 海老澤、4: 石井

 

國學院大学

1: 島﨑 - 2: 山本 - 3: 中川 - 4: 藤本 - 5: 鶴 - 6: 坂本 - 7: 平林 - 8: 伊地知

補員: 中西大翔、木村文哉、青木、上原、嘉数

1区島﨑選手、2区山本選手の並びは強力ですね。2区終了時に上位に付けたいです。出雲好走の藤本選手が4区に、6区坂本選手、7区平林選手、8区伊地知選手は前回と同じ並びです。前回大会は5区終了時には10位でしたが、6、7、8区で4位まで押し上げました。前回の良い流れはそのままにということでしょう。

〈当日変更予想〉

1: 青木、3: 中西大翔、5: 嘉数

 

東京国際大学

1: 牛 - 2: 丹所 - 3: 倉掛 - 4: 宗像 - 5: 木村 - 6: 川端 - 7: 村松 - 8: ムセンビ

補員: 生田、白井、冨永、岡、大村

ヴィンセント選手が外れましたね。補員にも入っていませんから、走らないということ。ムセンビ選手が8区でエントリーしていますので、代わりとなる走りに期待です。2区に丹所選手が入ってきました。前回は故障明けの6区でしたが、今回は前半区間。2区終了時には上位に付け、良い流れでレースを進めたいところ。4区に4年生の宗像選手が入っているのも頼もしいですね。出雲出走の白井選手、冨永選手が補員となっています、何もなければ、当日変更で登場するように思います。

〈当日変更予想〉

1: 冨永、3: 白井

 

早稲田大学

1: 間瀬田 - 2: 井川 - 3: 辻 - 4: 山口 - 5: 小指 - 6: 菖蒲 - 7: 伊福 - 8: 佐藤航希

補員: 鈴木創士、北村、石塚、伊藤、菅野

1区に間瀬田選手が入ってきましたね。これはこのまま走るのではないでしょうか。2区は前回も好走している井川選手。早稲田は前回大会まで先手必勝オーダーでしたが、今回もそのような感じでしょうか。2区終了時にトップに立ちたいですよね。5区には復活なるか小指選手。6区菖蒲選手は前回全日本以来の三大駅伝です。8区には成長著しい佐藤航希選手が入っています。前回6区で苦しい走りになりましたから、昨年の悔しさもぶつけてほしいですよね。

補員に主力の鈴木創士選手、石塚選手、伊藤選手が入っています。何もなければ、どこかで登場してくるのではないでしょうか。

〈当日変更予想〉

3: 伊藤、4: 石塚、7: 鈴木創士

 

明治大学

1: 森下 - 2: 堀 - 3: 曳田 - 4: 小澤 - 5: 新谷 - 6: 吉川 - 7: 室田 - 8: 尾崎

補員: 漆畑、加藤、櫛田、富田、児玉

1年生4人、2年生3人の若い布陣で来ましたね。1区森下選手は元々スピードのある選手でしたし、距離への対応ができていれば、このまま走るかもしれません。2区堀選手は高校時代に10000m28分台を記録していますし、ロードに強い印象があるので、このまま三大駅伝デビューなるか。7区の室田選手は箱根予選会でもしっかりと走っていましたし、1年生ながら7区を走ることになるか。

補員は主力選手である漆畑選手、加藤選手、櫛田選手、富田選手、児玉選手です。さすがに、ここから3人は当日変更で出てくるのではないでしょうか。ただ、明治大学としては次代を見据えたオーダーということかもしれません。(つまり、このまま変更なく出走)

〈当日変更予想〉

3: 児玉、7: 富田、8: 櫛田

 

中央大学

1: 千守 - 2: 山平 - 3: 吉居駿恭 - 4: 中澤 - 5: 若林 - 6: 東海林 - 7: 湯浅 - 8: 阿部

補員: 中野、吉居大和、山口、伊東夢翔、白川

1区は出雲好走の千守選手。出雲以降もコンディションが良いのでしょう。2区は関東インカレハーフマラソン入賞の山平選手。出雲は出走なりませんでしたが、このまま出走なるか。3区に吉居駿恭選手が入ってきました。出雲に続き好走となるか。4区中澤選手、5区若林選手と4年生を配置してきました。中盤区間に実績ある4年生を配置できるのは非常に安心感があります。6区は東海林選手。7区は箱根9区好走の湯浅選手、8区は箱根5区を好走の阿部選手となっています。8区はラスト上りですので、適性があるのではないでしょうか。

補員に中野選手、吉居大和選手がいますが、どこかで登場し、かつレースを動かすことになるでしょう。出雲3位となりましたが、距離が延び、区間の増える全日本はどうなるか?

区間変更予想〉

2: 吉居大和、7: 中野

 

神奈川大学

1: 有村 - 2: 島﨑 - 3: 山田 - 4: 鈴木 - 5: 尾方 - 6: 中原 - 7: 山﨑 - 8: 小林篤貴

補員: 宇津野、小林政澄、佐々木、酒井、宮本

1区に箱根予選会チームトップの有村選手を置いてきました。1区は出遅れ厳禁ということでしょう。7区にエース山﨑選手が戻ってきました。ここに山﨑選手を配置できると、俄然シード権獲得に向けて勢いが付きます。一方、巻田選手は補員からも外れています。

〈当日変更予想〉

2: 宮本

 

東洋大学

1: 奥山 - 2: 石田 - 3: 児玉 - 4: 甲木 - 5: 九嶋 - 6: 村上 - 7: 梅崎 - 8: 清野

補員: 柏、前田、佐藤真優、西村、緒方

出雲駅伝でまさかの結果となった東洋大学ですが、強さを証明するためにも全日本はなんとしても結果を残したいところです。

1区は奥山選手。出雲駅伝前の記録会で5000mで13分51秒の記録を出していましたので、出雲駅伝出走かと思っていましたが、出走せず、全日本1区でエントリーされました。スピードのあるランナーですので、1区適性あるのではないでしょうか。

2区は石田選手。松山選手がいないチームでは石田選手がエースということでしょう。ぜひ、前回全日本のような快走を見せてほしいです。2区終了時に上位に付けたいところです。

3区は不動のスターターの役割を果たしてきた児玉選手。出雲1区で苦しい走りとなりましたが、走力はある選手です。過去には相澤選手がこの区間を走っていますので、速さと強さを期待されての起用でしょう。

4区は甲木選手。出雲で三大駅伝デビューを果たしましたが、距離の延びる全日本ではどうか。

5区は九嶋選手。直近の記録会では10000mの自己記録を20秒更新する28分45秒を出していますし、調子は良いはずです。後半区間の良い滑り出しとしたいです。

6区は村上選手。夏には北海道マラソンを走ったタフな選手です。3年目でついに三大駅伝デビューなるか。

7区は梅崎選手。関東インカレハーフでも2位に入っていますし、長い距離ではチームトップクラスでしょう。他校はエース級の選手が走りますので、どこまで早いラップで刻むことができるか楽しみです。

8区は清野選手。箱根10区のあの走りを見ていますから安心感があります。出走となれば初の全日本ですが、8区終盤の上りで一気にギアチェンジしてくれることに期待です。

補員には柏選手、前田選手、佐藤真優選手、西村選手、緒方選手が入っています。主力選手ばかりですが、当日変更で何人入ってくるか。

〈当日変更予想〉

4区: 西村、6区: 前田

 

創価大学

1: 横山 - 2: 葛西 - 3: 吉田 - 4: 石丸 - 5: 嶋津 - 6: 石井 - 7: ムルワ - 8: 志村

補員: 新家、本田、山森、カミナ、山下

1区は直近の記録会で10000m28分33秒の記録を出した横山選手。区間賞も狙えるのではないでしょうか。2区に葛西選手、3区吉田選手と続き、4区に出雲も走った期待の1年生石丸選手が入っています。5区に嶋津選手。意外な起用ですが、7区のムルワ選手まで流れを切らさない狙いがあるのかもしれません。

〈当日変更予想〉

8: 山森

 

東海大学

1: 花岡 - 2: 梶谷 - 3: 石原 - 4: 川上 - 5: 神園 - 6: 宇留田 - 7: 入田 - 8: 竹村

補員: 佐藤俊輔、杉本、松崎、鈴木天智、竹割

1区は直近の記録会で10000m28分台を記録した花岡選手。このまま走るのではないでしょうか。2区に10000m28分27秒の記録を持つ梶谷選手、3区には復活のエース石原選手。箱根予選会の疲労が気になるところではありますが、前々回大会のような、苦しくなってからも粘る走りに期待です。3区以降は上級生メンバーです。持てる力を発揮することが出来れば、上位進出も狙えると思います。

〈当日変更予想〉

変更なし

 

大東文化大学

1: 佐竹 - 2: 菊池 - 3: 入濱 - 4: 久保田 - 5: 大野 - 6: 小林 - 7: 谷口 - 8: 佐々木

補員: 木山、大谷、小田、西代、ワンジル

見事、箱根予選会をトップ通過した大東文化大学です。勢いそのままに全日本大学駅伝シード権獲得なるか。4区に久保田選手、5区に大野選手と主力選手が中盤区間に入っているのが意外です。ワンジル選手が補員に回っていますが、故障で無ければ主要区間で登場するでしょう。

〈当日変更予想〉

1: 木山、8: ワンジル

 

中央学院大学

1: 小島 - 2: 吉田 - 3: 堀田 - 4: 松島 - 5: 川田 - 6: 前田 - 7: 荻沼 - 8: 安藤

補員: 伊藤、飯塚、工藤、蒲田、近田

1区小島選手、2区吉田選手の並びは強力です。2区終了時に一つでも上の順位に付けていたいです。良い流れのまま、粘りの走りでシード権を獲得したいところです。

〈当日変更予想〉

3: 伊藤

 

日本大学

1: 下尾 - 2: 西村 - 3: ドゥング - 4: 安藤 - 5: 大仲 - 6: 三山 - 7: 中澤 - 8: 若山

補員: 小野、土井、大橋、冨田、山口

ドゥング選手を3区に配置しましたね。ここが遅れを取り戻す区間ではなく、先頭に立つ区間とすることができれば、4区以降非常に良い流れでレースを進めることができますね。そうなると、1区、2区の流れが明暗を分けることになりそうです。

〈当日変更予想〉

変更なし

 

以上、関東15校の区間エントリー(暫定)を見ていきました。有力校はどの大学もかなり隠していますよね。それだけ、戦国駅伝ということでしょう。1区は当日変更次第ですが、それほどハイペースにならないかもしれませんね(第一工科のサレー選手や日本学連選抜の亀田選手がどのような展開に持っていくか)。また、5区に主要選手が多くエントリーされているのも特徴的かもしれません。連覇している駒澤は絶対エース田澤選手を7区に隠さず配置していますし、他校としては打倒駒澤で7区までに1分以上リードしていたいところでしょうか。残り二日展開を予想するなど、楽しみながら待ちたいと思います!選手の皆さんは直前の体調にお気をつけて当日を迎えてほしいですよね。